「安易に子どもに会社を継がせて、経営が傾くことよりも、もっと恐ろしいのは外部人材登用に失敗して会社を荒らされてしまうこと」――。吉野家ホールディングス・安部修仁会長が自身の豊富な経営体験から、単純な「世襲は悪」議論とはまったく異なる、事業承継のあるべき姿を語る(写真はイメージです)

写真拡大

優れた創業者が一代で会社を築いた後、必ず問題となるのが後継者選び。「世襲」を単純に悪と捉える人は多いが、むしろ外部人材の登用で大失敗をするケースもある。後継者選びで押さえておくべき要点は、一体どこにあるのだろうか?(吉野家ホールディングス会長 安部修仁、構成/フリージャーナリスト 室谷明津子)

門前の小僧
習わぬ経を読む

 世間一般で「世襲」という言葉が使われるとき、ネガティブな意味を含むことが多いですね。特に政治家に対しては、「世襲議員」と言うと大体が批判的な内容です。「親の七光りで地盤の支持者を受け継いで…」というのがよくあるバッシングですが、果たしてその人物が地元から支持される理由は、「親の七光り」だけなのでしょうか。

 子どものころから政治家である親父を見て育ち、尊敬と共に反発や葛藤もありながら、同じ道を志していい政治家になった人はたくさんいます。

 小さいころから政治に関心を持ち、他の人よりも考える機会が多いわけですから、政治家を仕事に選ぶ確率が高くなるのは必然でしょう。地盤がある分、一般の人より有利というのはその通りですが、それだけの理由で政治家になるような理念のない人物であれば、地元といえども有権者の心は離れていくでしょう。

 事業承継においても、まったく同じことがいえます。「世襲=悪」というイメージを持つ人は多いですが、特に中小規模のオーナー企業においては、世襲で事業承継を行うのはいいことだと思います。私の認識では、創業家から後継者が出てうまくいくのがベスト。実力のある第三者が入ってうまくいくのは次に良い結果。世襲をしたがミスマッチだったというのは避けたい結果で、第三者が外から入って事業を食い物にするのが最悪です。

 政治家の例と同じで、創業家の人間は幼いころから、親が事業に心血を注ぐ様子を見ているわけです。創業の歴史を聞き、お客さまへの感謝の心を教えられ、取引先にどういう人がいて、誰を大切にすべきかなども叩き込まれて育ちます。

「門前の小僧習わぬ経を読む」という言葉が示す通り、平生から見聞きしていたことの影響力というのはとても大きい。そういう意味では、やはり創業家が事業に抱く愛情、情熱というのは、第三者より強いはずです。そういう思いに加えて、経営を実行する能力が備われば、素晴らしいトップになるでしょう。

 しかし、世の中そんなにうまくいくわけではありません。見聞きするのはむしろ、事業承継がスムーズにいかないという話ばかり。なぜ、そうなってしまうのでしょうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)