仕事やプライベートで、パソコンまたはスマホを寝る直前まで見ている方はとても多いと思います。しかし、それらから発せられるブルーライトを浴びることで、寝つきが悪くなり、睡眠不足になることが指摘されています。オレンジ色のことについて特化した無料メルマガ『オレンジの世界』では、その影響を「オレンジ色」を使って軽減できる方法や、児童の知能指数や学業の向上にオレンジ色や役に立つことなど、オレンジ色に秘められた驚くべき効果をご紹介しています。

オレンジ色の知識

現代人の我々には、パソコンやスマートフォンなどは、いまや生活に欠かせない存在ですし、夜寝る前まで使っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、パソコンやスマートフォンの画面から出る「ブルーライト」を浴びていると、睡眠に必要なホルモン(メラトニン)の分泌が抑えられてしまい、寝つきが悪くなったり、熟睡できなくなったりするそうです。

そこで、睡眠に悩むアメリカの神経科学者がブルーライトをカットする効果があるオレンジ色の眼鏡を就寝前の1時間に掛けたところ、なんと睡眠の質が改善したそうです!

また、オレンジ色の眼鏡をかけた時とかけない時を比べ、かけた時の方がぐっすりと眠れ、目覚めもすっきりしたそうです。

ちなみに私も寝る前までパソコンやスマホをやっていますが、ベッドのランプがオレンジ色なので、毎日ぐっすり眠れます(笑)。ということは、オレンジの灯は睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を促す効果もあるのかもしれません。

スマホの見過ぎで夜眠れない人は是非試してみてはいかがでしょうか。

オレンジ色の知識

ある学校で、教室の壁の色を明るいオレンジ色にしたところ、なんと児童の知能指数や学業成績が向上したそうです!

私が思うに、以前お伝えしましたが、オレンジ色は血管や自律神経を活性化させ、やる気や活力を高める効果があるので、そのような結果がでたのではないでしょうか。

また、太陽光に近いフルスペクトルの照明を使うと、収縮期の血圧が平均して20下がり、行動(とくに攻撃性の低下)は格段によくなったという、実験結果がでたそうです。

これは太陽光に全ての色が含まれて白い光になっているため、太陽の光が一番人間を自然の状態にするのではないでしょうか。

ちなみに壁の色や照明を元に戻すと、児童の状態も元に戻ってしまったそうです。

ちなみに目の見えない子も、まったく同じ影響を受けたそうで、これも前にもお伝えした通り、光や色は目だけでなく、肌でも感じるからなのだと思います。

光と色の影響というのは普段あまり実感しませんが。私達人間にとって、とても大きな影響を及ぼすのですね。

image by: Shutterstock

 

『オレンジの世界』

オレンジ色に特化した「知識」「効果」「雑学」「私が撮ったオレンジ写真」などをお伝えしていきながら、オレンジで世界を明るく楽しく元気にしていきます! オレンジ色の素晴らしさを沢山の人に知って頂き、オレンジ好きになって頂けたら幸いです!

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!