エチオピアの首都アディスアベバとジブチを結ぶ「アディスアベバ−ジブチ鉄道」が5日に正式に開通することとなっている。その前に、現地で大規模な技術訓練、研修が行なわれている。

写真拡大

エチオピアの首都アディスアベバとジブチを結ぶ「アディスアベバ−ジブチ鉄道」が5日に正式に開通することとなっている。その前に、現地で大規模な技術訓練、研修が行なわれている。新華網が伝えた。

【その他の写真】

エチオピアだけでも乗務員、運転士、技術者など現地職員2000人余りが鉄道運営訓練、研修を受けている。アディスアベバージブチ鉄道は中国企業が海外で初めて中国の規格と装備を全面的に採用して建造した現代的鉄道であり、全長751.7キロ、設計時速120キロ、総投資額は約40億ドル。中国中鉄と中土集団が運営権を得ている。(提供/人民網日本語版・編集NA)