GK川島永嗣を語るGK東口順昭「切磋琢磨していける存在」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は4日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。

▽練習後、ミックスゾーンで記者陣のインタビューに応じたGK東口順昭(ガンバ大阪)は、代表復帰したGK川島永嗣(メス)の存在や、熾烈な守護神争いについてコメントを残した。

◆GK東口順昭(ガンバ大阪)

――戻ってきたGK川島永嗣のメンタルプレーヤーぶりはどうか

「特に変わったことはないし、いつも通り永嗣さんもやっていると思う。GK陣として、切磋琢磨していける存在」

――川島も出場機会を狙っていると思うが

「誰が出るかわからない中で、練習からしっかりアピールしていくことが重要。その積み重ねでしかないと思うので、継続してやっていきたい」

――イラクで警戒している選手はいるか

「選手というよりも戦い方を警戒している。カウンターを狙ってくるだろし、UAE戦のようにセットプレーもカギになってくると思う。引き続き気をつけていかないといけない」

――GK西川周作は累積でリーチがかかっているが

「累積とかそういう云々よりも、GKというポジション的にいつ出れるか明確ではないので、それは常に準備してきたつもり。イエローだけじゃなくて、ケガでパッと入らないといけない状況もあると思う」

「そういう状況がいつ来ても良いように100%の準備をしておけば、累積出ようが出まいが関係なく常にできるので、そういうことはあまり考えていない。常に練習から良いコンディションを作れるようにやっていきたい」