まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。

このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Partalさん。小さい頃から動物をテーマにしたアニメやファッションが大好きで、フルコーディネートした人間の体に動物の赤ちゃんの頭を組み合わせる「ズー・ポートレート」というシリーズを始めたそうです。

最初はモデルや俳優たちのフォトブックの宣伝のために始めたというこの企画ですが、今ではひとつのブランドになってしまうほど大人気に。

雨の日でもへっちゃら

コビトカバの赤ちゃん

なかなか目にすることのないコビトカバの赤ちゃんの正面画。水中の活動が得意なカバらしく、水に強い素材のコーディネート。

真っ白な雪景色の中に

白尾シカの赤ちゃん

アメリカ大陸では野生に棲む白尾シカ。雪景色に似合いそうなコーディネート。

反抗期まっさかり?

ヤギの赤ちゃん

古くから家畜として親しまれているヤギは、ちょっぴり反抗期のティーンエイジャーのような装い。飼い主と何かあったのでしょうか。

サル帽子がキュート

ニシローランドゴリラの赤ちゃん

アフリカ大陸に棲息するニシローランドゴリラは、どことなく落ち着いた色合いのお洋服。サルのニット帽が抜群にキュート。

ちょっぴりドリーミー

アメリカバクの赤ちゃん

夢を食べると言われるバクの赤ちゃんは、夢見る少女のようないでたちです。どんな素敵な夢を見ているのでしょうか。

やんちゃなおぼっちゃま

タスマニアデビルの赤ちゃん

オーストラリア南東のタスマニア島にだけ棲息する、タスマニアデビル。「デビル」という名前のせいか、凛々しくもやんちゃな様子。

気は優しくて力持ち

コディアックヒグマの赤ちゃん

大きくなると怖ーいヒグマも、赤ちゃんのときはこんなにつぶらな瞳。でも、服装はこれから成長した姿を思わせるワイルドさ。

危険な男の香り

ヒョウの赤ちゃん

飛行機乗りのような服装に身を包んだのは、ヒョウ。速さを追い求める危険な男の香りがします。

民族衣装のような
鮮やかな色彩

ボンゴの赤ちゃん

このシカのようなウシのような不思議な動物は、ボンゴ。ビビッドな色の組み合わせがおしゃれ。

出身は中国

チワワの赤ちゃん

世界でもっとも小さな犬として知られているチワワのご先祖様は、中国の小型犬だったという説も。ご先祖様にならってか、漢字の書かれた服をチョイス。

 歌でおなじみのあの動物

アイアイの赤ちゃん

日本では童謡でおなじみの動物、アイアイ。その見た目のせいで多くの地域では「不吉な動物」とされていたせいで、数が減ってしまったそうです。服装はどこか内気な青年のよう?

 ピシっ!

ボーダー・コリーの赤ちゃん

牧羊犬として広く親しまれていて、ショードッグやペットとしての人気も高いコリー犬は、優等生にふさわしい服装。

一流シェフの風格

ヒツジの赤ちゃん

真っ白な顔に真っ白なコック姿がとても似合っているヒツジの赤ちゃん。羊肉はオーストラリアやニュージーランドの定番です。羊乳もヨーグルトやチーズなどで消費されていますが、君がコック帽をかぶってていいのかい?

フォトグラファーのYago Partalさんは、このプロジェクトを通してみんなにもっと動物のことを知ってほしい、と考えているそうです。中には着ている服とその動物の生態がリンクしているものもたくさん見受けられます。

ズー・ポートレート」では、さらに詳しく見ることができますよ。

Licensed material used with permission by ZOOPORTRAITS