あなたの頭皮は何色?かゆみや痛みを伴う赤い危険サインと予防法

写真拡大

髪の毛のコンディションは、その人の生活習慣を表しているのをご存知ですか? 食生活の良し悪しやきちんと運動をしているか、睡眠、ストレス、ホルモンバランス、病気などと密接に関係しています。

一方で、すぐの見た目では分かりにくいのですが、頭皮の状態もその人の健康状態を映し出しているのです!

そこで今回は、頭皮の色が警告するあなたの健康状態について、ご紹介します。あなたの頭皮は何色ですか?

 

■1:正常な頭皮の状態と赤くなる状態

ヘアスタイルはチェックしても、頭皮の色までは毎日気にしないものです。でも少し鏡に映してみれば一目瞭然。頭皮が赤い状態なのは、何らかのトラブルのサインです。決して放っておいてはいけません。

(1)健康な頭皮は青白い

頭皮が健康だと、表面が青白くツヤがあり、乾燥せず潤っていて、毛穴も綺麗で皮脂や角質が詰まっていません。もちろん、頭皮に赤みやできものなどもない状態です。

(2)赤い頭皮の状態

赤い頭皮は、爪などでひっかいて赤いできものが腫れて赤くなっている状態です。さらに紅斑(こうはん)というものができてしまう場合も。

紅斑は、拡張した毛細血管が頭皮から透けて見えている状態で、血流がよい状態といえます。指で軽く押して赤みが消えるなら紅斑です。紅斑自体に害はありませんが、長引くとかゆみや痛みなどの症状を起こすので、早めの対処が必要です。

 

■2:赤い頭皮の危険なサイン

紅斑ができるのは毛細血管の拡張ですが、拡張の原因は、紫外線・乾燥・シャンプーやヘアカラーなどが考えられます。かゆみや痛みがないなら、放っておけば自然に消えますが、長く消えなければ注意してください。

(1)フケやかゆみがある場合

赤い頭皮にかゆみや痛みなど違和感があるなら、シャンプーなどのヘアケア製品を変えてみたほうがいいかもしれません。そして、痛みはなくともフケがでてきたら対処が必要です。フケは頭皮の角質細胞なので、たくさん出るようなら頭皮が弱っている証拠。頭皮の乾燥状態が続くと、シャンプーのときの抜け毛も増えます。

(2) 睡眠不足やストレス、紫外線も原因に

頭皮が赤いのは、睡眠不足やストレスで体調が良くない場合も多いです。また、炎症があって赤い頭皮の場合には、皮膚内の水分が蒸散し、皮脂分泌のバランスが崩れていて脂っぽくなり、潤いがなくなって突っ張った感じもするでしょう。

そうなる前から清潔を心がけ、シャンプーのときは、頭皮を指の腹でマッサージしながら洗うようにしましょう。また外出の際には、紫外線を防ぐために必ず帽子をかぶりましょう。

 

■3:頭皮の赤さとできものの関係・リスク・改善法

色が赤いだけではなく、できものができてきたら、頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

頭皮のできものには、接触性皮膚炎(かぶれ)・頭皮ニキビ・脂漏性皮膚炎などがあります。接触性皮膚炎は、ヘアケア製品によって引き起こされるアレルギーの一種です。シャンプーやカラーリング剤などのほか、育毛剤でも添加物が合わないとかぶれることがあります。

次に頭皮ニキビは顔のニキビと同じで、毛穴が汚れで詰まって発生します。聞きなれない脂漏性皮膚炎とは、特に皮脂分泌の多い部位に起こる炎症で、脂が原因でカビ(真菌)の活動が活発になり、皮脂が脂肪酸へと盛んに分解されることで炎症が生じます。 脂っこくなりがちな頭皮でも同じ症状がみられることがあります。

3つとも、赤くなるのは、雑菌に対抗するため毛細血管に血液が多く集まっているからです。清潔にすることが大事なので、体質に合ったシャンプーを手でしっかり泡立てて包み込むようにあらい、頭皮をよくマッサージして血行を促進しましょう。血行がよくなり頭皮の隅々まで栄養が行き渡れば、赤い頭皮は正常な状態に戻るはずです。

 

■4:頭皮の赤さとフケ・抜け毛の関係

頭皮が赤い状態が続くのは、頭皮が乾燥していて水分が足りない状態が続いているということなので、頭皮の皮膚バリア機能が落ちてしまいます。

皮膚バリアとは、頭皮の水分を保ち、外部からの刺激に耐えて異物が体内に侵入するのを防ぐ役割をするものです。頭皮の表面に存在する皮脂と、角質層の角質細胞と細胞間脂質から構成されています。

このバリア機能が弱ると、赤い頭皮が続いてしまい毛根がダメージを受け、抜け毛がひどくなります。また、フケがある方は、頭皮の皮脂や角質などの老廃物が毛穴に溜まっているのが原因です。頭皮マッサージをしたり、適度な運動をして汗をかいたり、毛穴から老廃物を排出する必要があります。

毛穴が詰まると抜け毛を引き起こしますので、要注意です。赤い頭皮やフケなどがある方は、炎症を抑えるカモミールや、血行を促進しフケを防止するローズマリー、皮脂分泌のバランスを整え抜け毛を防ぐイランイランなどの入ったシャンプーやコンディショナー、アロマローションの精油を使ってみてください。

 

頭皮の状態は、自分ではなかなか気づきにくいところなので、週に1度くらいはゆっくりと合わせ鏡でチェックしてみることを習慣にしましょう。また、美容院にいく都度、美容師さんにチェックしてもらうようお願いしたりと気にかけておきたいものです。健やかな頭皮を保つことが美髪と育毛につながります。

 

【関連記事】

※ フケや薄毛の原因に!頭皮が赤いトラブルの原因5つと予防策

※ 頭皮のかゆみ…放置しちゃダメ!薄毛につながる可能性がある「頭皮湿疹」3種類

※ 頭皮の紫外線量は顔の2倍!美容師が教える「夏レジャー」のマストアイテム

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【画像】

※ chuugo / Shutterstock

※ Ema Woo / Shutterstock

※ Goncharov_Artem / Shutterstock

※ Goncharov_Artem / Shutterstock

※ Vladimir Gjorgiev / Shutterstock