写真提供:マイナビニュース

写真拡大

講談社は10月3日、アマゾンジャパンに対する抗議の声明を発表した。電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」において、同社が提供した全作品を一方的に削除されたと主張している。

講談社は公式Webサイトにて、「アマゾン『キンドル アンリミテッド』サービスにおける講談社作品の配信停止につきまして」というタイトルの声明を公開。声明の中では、アマゾンジャパン側の一方的な事情によりAmazonランキング上位に並ぶコンテンツが講談社に連絡なく配信停止され、十数作品がラインナップから除外されていたと説明している。

さらに9月30日以降は、講談社が提供する1,000作品以上すべてを削除されたと報告。現状については「書目を提供してきた出版社として大変困惑し、憤っております」と述べている。

講談社は一連の事態に遺憾の意を示すとともに、コンテンツの配信停止に対して強く抗議。また、「サブスプリクション・モデルと呼ばれる定額のコンテンツ提供サービスの健全な発展のためにも、引き続きアマゾン社には善処を求めてまいります」と、今後もアマゾンジャパンに対応を求めていく方針であることを示した。

Kindle Unlimitedは、月額980円で利用できる電子書籍の読み放題サービス。2016年8月のサービス開始当初は、8万冊以上の和文の書籍、120万冊以上の洋書、240誌以上の雑誌、3万冊以上の漫画などが読み放題であることをうたっていた。