時間がないからってサボると老化が加速!朝の隙間時間で行いたい自分ケア4つ

写真拡大

ママの朝は超多忙! 朝ご飯の支度、お子さんや旦那さんの準備と同時に、自分のこともしなければいけないので、時短できるものはなんでもショートカットしちゃいたいのが本音ですよね。

ですが、朝の時短のために、怠りがちになっていた自分ケアのせいで、どんどん老化を進行させてしまっているとしたら……!?

今回は美容カウンセラーの筆者が、“朝のスキマ時間で行いたい自分ケア”を4つご紹介いたします。

 

■1:ブラッシング

朝、鏡の前でゆっくり髪をブローしてブラッシングをして……なんてことに割く時間はないですよね。ブローはまだしも、ブラッシングを怠ると、白髪が増えたり、痛んだ髪の毛になったりする原因になりかねないのです!

髪の毛をまとめるために、なんとなく行っているブラッシングですが、実は頭皮にとって大変重要な行為なのです。以下、ブラッシングの代表的な働きをご紹介します。

(1)頭皮のマッサージ

心地よいブラシの刺激が、頭皮の血行を良くします。

(2)髪のホコリや汚れ、古い角質を取る

寝ているときについた、見えないホコリや汚れを取ったり、頭皮の古い角質を取ったりします。

(3)皮脂の分泌を促して髪に行き渡らせる

頭皮も顔の皮膚と同じように、寝ている時も毛穴から皮脂が分泌されています。ブラッシングをすることで皮脂のつまりを防ぎ、皮脂を全体に行き渡らせることでツヤのある髪の毛を作ります。

“髪は女の命”と言われるくらい、女性にとって大切なもの。忙しい朝ですが、せめてブラッシングする習慣はつけたいですね。

 

■2:日光浴

目覚まし時計に起こされて、体がまだ睡眠を欲していても、バタバタと朝の準備を始めなければいけないのが主婦。眠くてボーっとしながらの準備はけっこう辛いものです。

しかし、その辛さは、簡単に改善できるんです! それは、朝起きてカーテンを開け、体全体に太陽の光を浴びること。太陽の光は体内時計をリセットさせて眠っている体を目覚めさせてくれます。

太陽の光を浴びないでいると、体内時計がリセットされず、ぼんやり頭でミスが多くなります。また、体内時計が乱れると、体の新陳代謝が鈍り、ホルモンバランスが悪くなり、太りやすい体になってしまいます。

晴れの日は、朝起きたらまずは太陽の光を浴びて、雨や曇りの日は、部屋の照明を明るくするといいですよ。

 

■3:洗顔と日焼け止め

まずは旦那さんの食事の準備をして、次は子供を起こす。家族を見送って、洗濯をしてからやっと自分の支度といった具合に、瞬く間に過ぎていく朝の時間。

しかし、起き抜けの顔の皮膚には、寝ているあいだに分泌された汚れた皮脂がたくさんついているんです! なので、起床後早めに顔を洗うようにすると、肌荒れを予防できます。

また、化粧は後からするにしても、日焼け止めだけは早めにつけてください。家の中でもガラス越しに紫外線は入ってきます。浴びれば浴びるほど肌の老化が進むので、せめて洗濯物を干す前までには、日焼け止めを塗っておきたいですね。

朝起きて顔を洗って肌ケアをして、日焼け止めを塗るまでのルーチンを作ってしまいましょう。

 

■4:水分補給

寝起きの体は代謝が低く、血液の流れも穏やか。そんなときにバタバタと行動を始めてしまうと、細い血管に血液が集まり、血栓ができてしまうリスクが高まります。朝は自分の行動を二の次にと考えがちですが、そうすると脳梗塞を起こす恐れがあるのです。

そして朝は、脳梗塞を起こす人が特に多い時間帯。起きて何か行動する前に、コップ1杯のお水を飲んでから動くようにしましょう!

 

いかがでしたか? 今回は忙しい朝でも怠らない方がよい自分ケアについてご紹介いたしました。

どれもちょっとしたスキマ時間でできること。今きちんと行うことで老化の進行を早めないで済むのなら、さっそく習慣として取り入れたいですよね。いつまでもキレイでいるために日々コツコツと美容貯金を増やしましょう。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 今アメリカで再注目!美容成分をたっぷり肌に吸収する「昔からのスキンケア」とは

※ 2位夫の愚痴…独女がウンザリしている「既婚女性のSNS投稿」危険な1位は

※ またお惣菜でゴメン!ってママに朗報「身近な調味料」を使った時短料理テク3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって