宝石のように輝くチョコレートケーキにうっとり♪金沢のチョコレート専門店「サンニコラ」

写真拡大

金沢のチョコレート専門店「SAINT NICOLAS(サンニコラ)香林坊店」は、ベルギー王室御用達「ピエール・マルコリーニ」の本店オープニングスタッフに招聘された経歴を持つ藤田雅秋さんがオーナーのお店です。チョコレートやケーキのほか、チョコレートワッフルやオリジナルアイスなどのカフェメニューも楽しむことができますよ。

金沢ならではの用水の流れを楽しめるせせらぎ通り商店街

金沢の中心街・香林坊の大通りから一本入ったところにあるせせらぎ通り商店街は、鞍月用水のせせらぎの音を楽しみながらゆったりと散策できるストリートで、個性ある店舗が並んでいます。「サンニコラ」があるのはそのちょうど中ほど。用水の上にかかる階段を渡ったところにあるブルーの扉が目印です。

チョコレート作りの全工程を独自で行う「Bean to Bar」のお店

「サンニコラ」ではカカオ豆(Bean)を輸入して板チョコレート(Bar)に加工するところまでの全工程を野々市市にある本店で行っています。そこに、オーナーが本場ベルギーで学んだ技術をつぎ込んで、おいしく、見た目にも美しいチョコレートの完成です。

「ボンボンショコラ」(1個205円)は、厳選した素材や、能登の天然塩や石川の清酒など地元の食材を使ったものまで、オーナーがとことんこだわりぬいた極上のチョコレート。クリスマスやバレンタインなど季節の贈り物にも人気なんですよ。

「サンニコラ」の最高傑作、ケーキの「ラファロ」

チョコレート専門店ならではのケーキも常時20種類以上が並びます。中でも、ひときわ目を引くのが「ラファロ」(496円)。やわらかいムースショコラ、中央のオレンジのクリームブリュレ、サクサクしたフィテーユと呼ばれる土台と、3層の食感が口の中で融合します。

外側をコーティングしているのは、ココアパウダーと水飴などを一緒に煮詰めたグラッサージュという濃厚なシロップ。やわらかいグラッサージュをケーキの上から一気にかけることで薄くコーティングするそうです。まるで芸術品のような輝きに目を奪われます。

石川県産の食材を使った10種類の「ニコロン」

オリジナルのマカロンショコラを極薄のチョコレートでコーティングした「ニコロン」(各248円)は、石川県産のさまざまな食材を使ったフレーバーが10種類。押水のイチジクと能登ワインを使った「フィグ」、能登の天然塩を使った「ル・ショコラ」、スモーキーな香りの「加賀棒茶」など、どれも試してみたい地元の味ばかり。チョコレートのパリッとした食感と、マカロンのしっとりした食感との絶妙なハーモニーを楽しめますよ。

香林坊店限定!焼きたてサクサクのワッフルを極上チョコで

お店を訪れたならぜひ味わいたいのが、香林坊店限定の新メニュー「チョコレートワッフル」(1296円)。注文を受けてから焼き上げるワッフルに、チョコレートソース、キャラメリゼしてチョココーティングしたヘーゼルナッツ、ヘーゼルナッツから作ったニュテラソース、生クリームをトッピング。サイドにはダークチョコレートソルベも添えられています。中はふわっと、外はサクッとしたワッフルは、10分ぐらいで食感がかわるので、一気に味わってくださいね。

本場ベルギー仕込みの極上のチョコーレートの味はもちろん、石川ならではのフレーバーも楽しめる「サンニコラ」。金沢散策の合間に立ち寄って、お友達といろいろな味をシェアしてみるのもいいですね。

ことりっぷの最新記事