写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー生命保険は4日、契約後の各種手続きがペーパーレスで可能となるシステムを導入したことを発表した。

同社は、より質の高いサービスを効率的に提供できる基盤づくりを行う目的で「共創プロジェクト」を実践している。同プロジェクトでは、ライフプランニングに基づく長期的なコンサルティングフォローやタッチ機能や手書き機能、自動引き受け査定エンジンを使った告知手続き機能、申し込み手続き負担を軽減するペーパーレス化するシステム、とITを保険の分野に積極的に取り入れてきた。

従来のWebによる契約者のダイレクト手続きに加え、今回ライフプランナーが手続きを実施する場合にもペーパーレスで可能となり、住所変更や名義変更、払込方法の変更などいわゆる保全業務のペーパーレス化がほぼ整い、プロセスが大幅に簡略化。ライフプランナーと保全請求の手続きのために再び面談の調整をしたり、後日送付される請求書類を待つ、など煩雑な手続きから解放される。

同社では、「日本中のお客さまを一生涯お守りする」という思いのもと、これからもお客様の期待を超えるサービスの提供に努めたいとしている。

(長岡弥太郎)