4日、中国では食品汚染が原因で2015年に約1万人もの死者が出たことが、中国社会科学院の都市発展環境研究所がまとめた報告書で明らかにされた。写真は北京で摘発された「地溝油」製造所。

写真拡大

2016年10月4日、中国では食品汚染が原因で2015年に約1万人もの死者が出たことが、中国社会科学院の都市発展環境研究所がまとめた報告書「都市青書No.9」で明らかにされた。参考消息網が伝えた。

報告書では、食品の安全に影響を及ぼす要因として、土壌、大気、水などの汚染、化学肥料の過剰使用、抗生物質の乱用などを挙げ、経済的な損失額は50億元(約765億円)に上るとした。

報告書によると、中国の化学肥料使用量は世界全体の35%を占め、米国とインドの総和に相当する。中国の農地1ムー(0.067ヘクタール)当たりの化学肥料使用量は平均21.9キロで、世界平均の8キロをはるかに上回り、米国の2.6倍、EUの2.5倍に達している。下水に捨てられた油を精製して再生した食用油「地溝油」が毎年200万〜300万トンも食卓に上っている。(翻訳・編集/柳川)