とんだ災難にあったリンジー・ローハンさん(C)FAMOUS.uk.com

写真拡大

米女優のリンジー・ローハンさん(30)が、海の事故で薬指を切断したと、米芸能サイト「TMZ」が2016年10月2日に報じた。リンジーさん自ら、左手の薬指を包帯で巻いた写真を、画像・動画共有アプリ「スナップチャット」に投稿した。

幸いにも、一度は切れてしまった指の一部を手術により接合されたという。指の状態によっては、事故後に正しく取り扱えば元に戻せるのだ。

「温めない、乾かさない、汚さない」

TMZの記事によると、事故が起きた日にリンジーさんはトルコの海でボートに乗り、休日を楽しんでいた。ボートから「いかり」を下ろそうとしたとき、誤って自分が巻き込まれ海に落下。何とかボートに戻ろうともがいた際、いかりがリンジーさんの薬指の一部を切り落としてしまった。友人が、切断された部分をボートのデッキで見つけ、病院に駆け込み緊急手術を受けた。

友人がどのような処置をしたかは書かれていないが、手術は成功したようだ。先述のスナップチャットの写真には、指の接合手術を受けたとのメッセージが添えられていた。インスタグラムには10月3日付で「片手で自撮り」とのコメントと共に、微笑を浮かべた写真を投稿した。

指の切断は大きな事故だが、程度によっては再接合が可能だ。そのためには、切れた直後からの適切な処置が必要となる。日本形成外科学会のウェブサイトを見ると、切断された指は「温めない、乾かさない、汚さない」の3点が重要とある。具体的な対処法は、以下の通りだ。

「切断指は、まず湿ったガーゼで包んでからビニール袋に入れます。さらに、そのビニール袋を外側から氷で冷やした状態で保存することが万全の方法です。冷凍保存は、凍傷により組織を損傷するため避けて下さい」

どんな指でも手術で再接着できるとは限らない

ただし、指がどんな状態でも手術により必ず接合できるとは限らない。2016年5月13日付の朝日新聞デジタル「骨と関節の病気 予防と治療」で、弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座の上里涼子助教は、切断部分が鋭利であり、土壌などの汚染が少ない方が「再接着」しやすいと解説。半面、圧迫されて切断された、高熱の機械に巻き込まれたり挟まれたりした、挟まれた状態で指を引き抜こうとして神経や腱がちぎれて縫合が困難、というような場合は再接着が難しいとした。

切断後に冷却措置を施さなかった場合も、同様に再接着が困難になるという。冷却は重要だが、指を直接氷水に入れると細胞が破壊されるため、注意が必要だ。

切断後は、もちろんできるだけ早く手術を受けなければならない。上里助教は「8時間まで再接着可能」と説明する。日本形成外科学会のウェブサイトには、「切断後24時間以上放置された指の再接着に成功した例も数多く報告されています」とあるが、同時に早急に病院と連絡をとるよう促している。