「ユニクロ×カリーヌ」今季はイミテーションファーアイテム多数、11月11日に発売

写真拡大

 ユニクロが、3シーズン目となるカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)とのコラボレーションコレクション「カリーヌ・ロワトフェルド」が、11月11日に発売されることが決定した。前回に引き続き広告ビジュアルは、スティーヴン・マイゼル(Steven Meisel)が撮影。アイテムのビジュアルも公開された。国内12店舗で取り扱う。 【画像を拡大】

 コレクションは、カリーヌ・ロワトフェルドとユニクロのデザインディレクター滝沢直己がデザインを手がけ、全43アイテムで構成。働く女性の理想のワードローブをテーマに、今季のトレンドのイミテーションファーやロング丈のチェスタフィールドコートのほか、アウターやニット、セットアップスーツ、ベルトやタイツの小物までをラインナップする。公式ウェブサイトでは、過去にロワトフェルドのドキュメンタリーを監督したファビアン・コンスタンによるスペシャルムービーを配信。ロワトフェルドと滝沢がアイテムについて語る様子などが収められている。■商品ラインナップ(全43型)アウター(コート・ジャケット) ¥5,990〜17,900+消費税パンツ・スカート ¥3,990〜4,990+消費税シャツ ¥3,990〜5,990+消費税ニット ¥2,990〜6,990+消費税ドレス ¥4,990+消費税グッズ(バッグ、ベルト、スカーフ) ¥990〜3,990+消費税タイツ ¥990+消費税■取り扱い店舗(日本国内)ユニクロ 銀座店、UNIQLO OSAKA、ビックロ ユニクロ新宿東口店、ユニクロ 吉祥寺店、ユニクロ プランタン銀座店、ユニクロ 心斎橋店、ユニクロ 池袋東武店、ユニクロ 渋谷道玄坂店、ユニクロ 世田谷千歳台店、ユニクロ 五反田 TOC 店、ユニクロ ラゾーナ川崎店、ユニクロ 札幌エスタ店、以上の日本国内12店舗およびユニクロ オンラインストアにて販売スペシャルサイト