皆さんの愛犬の暑さ対策は万全ですか?

犬に冷房だなんて…もしかしたらそう感じている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これは、けして犬たちへの贅沢のススメではありません。

そう…犬に冷房を使うことを勧めるのにはきちんとした理由があります。

犬たちは、私たちとは違った体の事情を抱えており、そのことが犬が暑さにとても弱い動物と言われる根拠となっているのです。

犬に冷房を使う理由

私たちが汗を分泌させている汗腺には、アポクリん腺とエクリン腺という2つの腺が存在しています。
独特な汗臭い臭いを発している正体はアポクリん腺で、臭いと粘り気のある汗を分泌しています。人では脇の下などの限られた場所にのみ存在しますが、犬ではこれが全身に存在します。

シャンプーを怠ると出てくるあのモア〜ンとした犬臭さの正体はこれなのです。

そしてエクリン腺は、無臭でサラサラした水分の多い汗を分泌します。
私たちの体には、全身にこのエクリン腺があり、ここから汗を分泌することで体温を下げることができます。

ところが犬では、エクリン腺が肉球など限られた場所にしかなく、これだけで体温を下げるには十分な範囲ではありません。
そのため、舌をたらしハァハァとあえぐことで唾液を蒸発させ体内にこもった熱を拡散し、体温を下げようとしているのです。
一般的に、犬が暑さに弱いとされる理由には、このような体温調節をするための機能が私たちよりも未発達であることが考えられます。

日本の夏は、近年の猛暑に加え湿度も高く、閉め切った室内は気温が急上昇し、体温調節が苦手な犬が熱中症にかかるリスクは大変高く、冷房を使っての温度調節をすることは愛犬の命を守る上でも欠かせない重要なことになっているのです。

熱中症のリスクが高い犬と危険な兆候について

ここで熱中症のリスクが高い犬の特徴と熱中症にかかったときに見られる危険な兆候についてチェックしていきましょう。

熱中症のリスクが高い犬の特徴をチェック!鼻が短い犬(シーズーやパグなど)毛足が長い、毛が厚い犬種(グレートピレニーズなど)北方原産犬種(サモエドやシベリアンハスキーなど)太っている犬(脂肪が多いため体温が下がりにくい)毛が黒い犬(太陽の熱を吸収しやすい)子犬(暑さの影響を受けやすい)老犬(環境の変化に適応しにくい)熱中症の危険な兆候をチェック!舌を出しハァハァとパンティングをしている荒い息を繰り返しへたりこんでいるぐったりしていて呼びかけにも応じない舌の色が赤黒く見え、目が充血しているおしっこを漏らしている

こんな症状があらわれたら熱中症にかかっていることが考えられます。首や脇の下、手足の付け根など太い血管が通っている部位を布でくるんだ保冷剤などで冷やしながら急いで動物病院へ搬送します。

冷房(エアコン)や冷却グッズの上手な使い方

上手く使えば効果がアップ!冷房(エアコン)や冷却グッズの賢い使い方があります。ここでは私が行っているおすすめの冷房・冷却効果アップの方法をご紹介します!

暑さ対策で必ずやっておきたい事をチェック!

エアコンを使い部屋の温度を一定に保ちましょう直射日光が部屋に当たらないようカーテンを閉めましょういつでも水が飲めるよう十分な量の水を用意しておきましょう飲水に氷を入れて体温の上昇を防ぎましょう

(お腹を壊してしまう犬もいるので様子をみながら)

犬目線の高さにも温湿度計を設置し、湿度は60%をきるように管理しましょう冷却グッズを併用しましょう

使える冷却グッズあれこれ

ジェルマット

ジェル状の保冷剤が入った冷やして使うマットです。保冷剤が破損すると中のジェルが出てきてしまうため咬み癖や破くのが好きなワンちゃんには不向きです。

アルミや石のマット

上に乗ることでワンちゃんの体温を下げてくれます。硬いところに乗るのを好まないワンちゃんもいるようです。

クール素材の洋服やバンダナ

冷感素材のもの、水で濡らすタイプのもの、保冷剤が入るタイプのなど様々なタイプがありお出かけ時にも便利です。

冷房代を節約するアイディア

冷房を使いたいけど電気代が気になる〜という方必見!節約しながらエアコンを使える裏技をご紹介したいと思います。

冷房の温度設定は28℃をキープ扇風機やサーキュレーターを活用し部屋の空気を循環させるエアコンは電源を入れたときに最も電力を消費するため電源の入切を減らしつけっぱなしにエアコンの除湿は冷房よりも電気代がかかると思っておく緑のカーテンや打ち水をして窓辺の温度を下げるペットボトルに水を入れ凍らせたものをストックさせておきタオルにくるんで使う冷却グッズを積極的に活用する

愛犬の暑さ対策

皆さんから寄せられた冷房の上手な使い方をご紹介します!

女性 30代

夏場、我が家ではエアコン(冷房)を使用しています。ですが、犬に直接エアコンを当てると体温調整ができませんので、直接当たらないようにしましょう。フリーにしていて犬が自らエアコン下に行くようであれば、問題ありません。また、エアコンの冷気が部屋全体に行き渡るように、扇風機も同時に使用して、犬にとって快適な温度に部屋の温度を保ちます。
我が家では、犬用冷却ジェルシートや首に巻く冷却ジェルを使用してみましたが、好奇心からか、かじってはずして破ってしまい、あやうく誤飲してしまうところだったのでやめました。これは誤飲例でよくあると病院の先生から言われました。犬用が市販されているが、使用しないのが無難だと言われました。安全なアルミ冷却板をしいてあげましたが、全く使用してくれないので、我が家は冷房で温度調整して愛犬の熱中症予防に心がけてすごしました。

女性 30代

うちはフレンチブルドッグなので夏場は必ずエアコンを付けています。でもずっと付けっぱなしにするわけにもいかないので扇風機を併用して使い分けています。朝から晩まで扇風機は付けっぱなしで昼間、陽が入ってきたらエアコンを付けます。夜になるとエアコンは消して扇風機のみです。犬用のベッドは冷却機能のある物に変えて、アルミ板も設置します。暑がっている時は氷を食べさせたり、犬用の冷却アロマスプレーを体にふったりして毎年夏を乗り越えています。

女性 20代

我が家では暑い夏場は冷房が欠かせません。人よりも愛犬の方が先にバテてしまい、エアコンをつけた途端に一番涼しい冷房の下に行き、涼んでいます。
ですが、夏場24時間ずっとガンガンに冷房をつけておくわけにもいかないので、我が家ではエアコンと扇風機をつけ、部屋全体に風が行くようにしています。そして、エアコンの風が来る所に、水を入れて凍らせたペットボトルを置き、冷たい風が流れるようにしています。
そうすることで、部屋の温度はすぐに下がり、冷房の温度も26度〜28度の一定の温度が保てます。
また、洗面所など開けておく必要の無いドアはなるべく閉めて、冷気を逃がさないようにしています。

女性 40代

日本の夏は年々平均気温が高くなって、人もワンコも暑さ対策が必須ですね。我が家の愛犬は13歳のゴールデンレトリバーなので、毛も長いし高齢という事もあって、熱中症には特に気を付けています。人もそうですが、あまり冷房で冷え過ぎるとかえって体調を崩すので、今年は「冷風扇」を活用しました。エアコン程広域を冷やすことは出来ませんが、愛犬の寝ている場所に向けてピンポイントで冷やすことで、自然な風を当てる事が出来ました。水の中に氷を入れる事で更にヒンヤリとした風が出てきます。特に夜の使用が快適なようでした。

女性 40代

夏を乗り切る秘策グッズ

暑さに弱いわんちゃんにとって、エアコンは必須ですね。我が家の愛犬は特に暑さに弱い犬種なので、エアコンと併用できるひんやりグッズは片っ端から試しています。
中でも重宝しているのが、巻けるすのこタイプのアルミボードです。
両面洗えて丈夫だし、丸めて収納できるのもいいです。木枠のボードはかじったりされるので、これはお勧めですよ。
それから、最近は冷感マット入りのベッドも出ています。気持ちがいいみたいで、これも愛用しています。
更に、猛暑日には凍らせたペットボトルにタオルを巻いたものをケージに入れています。
これはコンビニなどで買った冷凍用のお茶や水が入っていたものを利用します。
時間がたつと、じんわりとタオルが冷たくなるので愛犬たちは顎をのせて寝たりしていますよ。

エアコンは使っていますが、なるべく直接冷気が当たらないよう、風向きなど注意しています。
また、雷雨などによる急な停電にも、先にあげたグッズを活用することで一時的な対策を取ることができます。
快適に、そしてエコなグッズで夏を乗り切りましょう!

まとめ

犬に冷房を使うことについていかがでしたか?
犬は、私たちが思っている以上に暑さに弱く、熱中症を引き起こしやすい特徴を持っている動物と言えます。

これは、環境や身体的特徴に限った問題ではなく、我慢強く自己主張をあまりしないような犬においては、飼い主さんが体温の上昇に気付きにくく重症化することが考えられ性格にも気を配る必要がでてきます。

体温が上がりやすい環境、そして犬の特徴や性格をきちんと把握した上で、その子に合った対策を心掛けることが大切なのです。