犬がイタズラする理由

イタズラの原因は様々

例えば、生後間もない子犬ならばその好奇心や歯のはえかわりなどから、かじる欲求を満たすためにイタズラしてしまうことがあります。

また、成長してからも飼い主さんの帰りを待ちながら不安な気持ちをまぎらわせようとして部屋を荒らしてしまう。
あるいは、飼い主さんの気を引きたくて同じイタズラを繰り返してしまう子もいます。

最近では、シニア犬の認知症による行動も場合によってはイタズラの中に入るかもしれません。

このように、イタズラといっても原因や状況は様々です。それぞれにあった対応策をたてていく必要があります。

犬がイタズラする原因と対処法

留守中のイタズラの場合

例えば、留守中のイタズラ。イタズラと言っても、わんちゃんだけが悪いのではないかもしれません。
赤ちゃんと同じで、触られたくないものは手の届かないところへしまっておくのは大前提です。

また、わんちゃんは退屈な環境にいませんか?

お出掛けの前に、少し散歩をするとか留守中遊べる玩具を与えておくなど、コミニュケーションを取っておくのも対策の一つですね。

対処法

我が家では、毎日5時間ほど留守番する愛犬たちですが、仕事に行く前の散歩、室内遊びの時間を必ず取るようにしています。コミニュケーションを取ってお腹いっぱい、トイレも済ませ、遊び疲れたら満足していい子でお昼寝して待っていてくれます。
いい子で待っていられたら、私が必ず帰ってくるとわかってくれているようです。私も安心して出掛けることができます。

心の病気が原因の場合も・・・「分離不安」の場合

留守番のイタズラの原因が「分離不安」という心の病気の場合、また話は変わってきます。

この病気あ、「飼い主さんがいつ帰ってくるのか不安でいてもたってもいられない」、そんな気持ちからたまらず物を壊したり暴れたりしてしまうのです。なので、叱って治るものではありません。

対処法

日頃の飼い主さんとわんちゃんの関係を見直しつつ、場合によっては獣医さんやトレーナーさんに相談する必要があるかもしれません。

また、先にも少し触れましたが、シニア犬の認知症による症状からの行動も注意が必要です。
こちらも、わんちゃんを注意深く観察し、様子がおかしいと感じたら獣医さんに相談してください。

本能が原因の場合(穴を掘る・おもちゃを振り回す)

また、ひとくちにイタズラと言っても、人間の都合でイタズラになってしまう行動もあります。 

例えば、大好きなおもちゃをくわえてブンブン振り回したり、穴を掘るような仕草を室内でされると、人間にとってはイタズラに見えますが、わんちゃんにしてみれば狩猟本能から出てくる衝動的な行動なのですから、叱られても理解できません。

対処法

このような行動について知っていれば、叱ったりせずに見守れる飼い主さんがほとんどだと思いますが、知らなくてわんちゃんを叱ったりしたら、わんちゃんから信用をなくすようなことにならないとも限りません。
家族で理解していればしつけの行き違いもなくなりますよね。

▼我が家のパグ。怒られてきょとんとしています。。。

退屈・気を引こうとしている場合(ティッシュ引っ張り出す・スリッパをかじる)

飼い主さんの気を引こうとする、遊びのつもりが私たちには困ったイタズラになってしまうことがあります。
例えば、ティッシュを箱から全部出してしまったり、スリッパを持ち出してかじったり。
こんなことをされるとつい、大きな声で騒いだり叱ったりしていませんか。わんちゃんにとっては、それが遊びですから、「喜んでくれた!楽しい!」になってしまい、何度も繰り返されてしまいます。

対処法

こちらも、状況に応じた対応が必要ですが、とにかく騒がないことです。先にも書きましたが、手の届かないところへ片付けておくなどしておくのが前提ですが、子どもと同じくらい好奇心旺盛で賢いわんちゃんならそれでも何かイタズラできるものを探しだしてしまうかもしれません。

現行犯でなければ、わんちゃんには何を叱られているのか理解できません。体罰はもってのほかです。
どうしても叱る必要がある場合は、なるべく低い声で、短い言葉で「いけない!」と注意してください。

みんなのアイディア「私のしつけ方」 -犬のイタズラ編-

「イタズラのしつけ」を犬の飼い主さん達に聞いてみました。

女性 20代

犬のいたずらで一番驚いたのは、家をかじること。

自宅が木造のため、梁や床の段差のある部分はすべて木です。愛犬は成犬になっても、何かを噛みたくて仕方がありません。しつけた今でも、暇になると隠れてかじっているようです(しつけきれていませんね)。

現行犯でしかる事が重要!

様々な方法を試したのですが、一番効果的だったのは、家をかじっている犬を見かけたら、かじっていた木の方をしかる方法です。

木をしかっている最中、犬は飼い主の私に注目し、じゃれてきますが、無視して木を叱り続けます。しばらくすると、犬は驚いた表情をします。

何度かこの方法でしつけをつづけた後は、犬が木をかじっている場面に遭遇しても、目があっただけでも、かじるのをやめ、私の表情をうかがうようになりました。

女性 30代

愛犬のイタズラはパピーの時によくありました。次から次にクッションをボロボロにしてみたり、リクライニングチェアをボロボロにしたり・・・(-_-;)イタズラだけでなく、オモチャは新しいものを与えても5分ほどで破壊!!

飼い主が正しいしつけを学ぶ事が重要

解決方法は、しつけ教室に通っていたのでしつけ担当の先生にご相談をしてその解決法と対処法を習いました。
クッションなど家具類を破壊する場合には、犬は暇を持てあましていることが大半だそうです。
ですから、犬の好きなオモチャを探して与えたり、遊んであげられる時は遊んであげましょう。

我が家ではご褒美を入れて頭を使わないと出せないコングだと、長時間夢中で遊ぶので、これはかなりオススメです!オモチャについては、コングやロープ系の頑丈なものでかつ、カミカミ解消オモチャが良いです!

それらに夢中になれば、自然とオモチャで遊ぶようになります。また、一人で遊んでいる時には、そのことを褒めてあげましょう。

お留守番が長い犬もいると思いますので、その場合もこのしつけをしておくと解決策につながります♪それでもイタズラをやめない場合には、クッション等は片づけましょう。お散歩での行動欲求を満たすことも忘れずに!

女性 40代

柴犬がいるわが家。2歳になった現在はだいぶ大人しくなりましたが、1歳半ぐらいまでは好奇心旺盛なイタズラ娘でした。一通りのイタズラはしてきたのではないかと思う愛犬ですが、なかでも一番悩まされたのは、『噛む』イタズラ。ダイニングテーブルの脚、壁、そしてなぜか床にまで(!)、愛犬が噛んだ跡が今でも残っています。

しつけは「執念」!決めての「ビターアップル」も効果的♪

噛むイタズラは、犬がやらかすイタズラのなかでも被害甚大なので、必死でしつけに取り組みました。

何かを噛んでいる現場を押さえたら即刻叱り、その噛んでいたものに「これでもか!」というぐらいビターアップルを吹き付けまくりました。愛犬の目の前で。そうすると、愛犬はにおいをクンクン嗅いでしばらくしょんぼり。ビターアップルのにおいを嗅ぐと、なぜか落ち込んでしまう愛犬なのでした。

噛む→叱る→ビターアップルを繰り返して、噛むイタズラは徐々におさまってきたのですが、もうひとつ、対策としてやったことが。それは、思いっきり噛めるおもちゃを与えたことです。噛むことが大好きな愛犬は、その辺のおもちゃでは数分で破壊してしまうので、硬質プラスチック製のハードタイプのおもちゃを与えました。小さな破片であれば、飲み込んでも便と一緒に排出される安全なおもちゃです。

思いっきり噛めるおもちゃを与えたことにより、噛みたい欲求が満たされ、尚且つ噛んで良いものといけないものがあることも理解できたようです。今では、子供のおもちゃやぬいぐるみが転がっていても、においだけ確認して終わりです。こんな日が来るなんて、イタズラ娘時代には想像もつきませんでした!

このようにわが家の犬の噛むイタズラは、ビターアップルとハードタイプのおもちゃと、そして飼い主の根気で解決できました。

女性 30代

うちの愛犬は生後3ヶ月で家にきました。
うちに来た頃は本当にやんちゃでカーペットを剥がしたり、クッションをちぎって中の綿を出したり、ふすまを破いたりと凄く大変でした。「犬の躾方」を検索しては試して、失敗してはまた試しての繰り返しでした。

思わぬしつけ道具で解決!

なんでこんなにイタズラっ子なんだろうと毎日悩んで育犬ノイローゼ状態でした。よく「犬が悪いことしたら大きい音を出す」と聞きますが、愛犬の場合、その音にもすぐ慣れてしまって効果は最初だけでした。

そんな中、愛犬のイタズラを解決する方法が見つかりました。それは犬用のおもちゃでした。100均で売っているプラスチックボールの中にもう一つ小さいボールが入っているおもちゃです。

最初は遊ばせるつもりで買ってきたんですが、全く遊ばず、寧ろ怖がって逃げてしまいました。これは!と思い、ひそかに自分の近くにボールを隠しておき、愛犬がイタズラをした瞬間にボールを愛犬の近くに投げるとビックリしてすぐ止めるようになりました。

このボールの音には全く慣れることなく今だに効果抜群です。途中からボールの音と共に「コラッ!」と声も添えるようにしていき、今では声だけで言うことを聞きます。

今思うのはイタズラには困りましたが、正直、嬉しそうにイタズラしてる姿も可愛かったなと思い出しては笑ってしまいます。

女性 40代

これまで犬と暮らした経験上、家具や壁をかじる子がいるとわかっていました。みんながみんなではありませんが、かじるのが好きな子がいたのです。
さて、新しく迎えたマルチーズ×プードルMixの女の子。この子はどうかしら?生後2ヶ月半ほどで我が家に来たのですが、なかなかおてんばそうな性格。

3ヶ月になるころ、歯がむずかゆいようで、ケージやおもちゃを噛んでいました。
家に慣れてきたころ、そろそろ来るぞ……と思っていたら、案の定!この子はダイニングのいすの脚に目をつけました。
柔らかめの無垢の木なので、歯がほど良く食い込み、かじり心地が良い様子。正直、安価なダイニングセットなので、傷ついてもいいのですが、リビングのセットだけは絶対かじられたくない!

これは噛んでもいいけど、あれはダメ、というのは犬には通用しません。しつけ開始です!

まずは普通に、現行犯で「ダメ」と言い、いすから引き離すことを繰り返しました。

この子はもう「ダメ」が禁止を意味することを理解していましたが、心地よくてガジガジがやめられないようです。しばらくすると、またいすをかじりはじめました。

でも、1回や2回で覚えられるはずがないので、毎日根気よく「ダメ」を繰り返しました。おもちゃで気をそらすのと合わせ技で。なかなか強情なこの子、ダメと言われると意地になるようでした。

犬式訓練法でしつけました!

ここでわたしの最終兵器登場! 犬式訓練法です。
つまり、自分が上位の犬として振る舞うことで、子犬の悪さを正します。

いすをガジガジしている子犬に顔を近づけ、「ガウッ!」と低い声で言って「いすはわたしのものだ!」と主張します。

そうすると、子犬はかじるのをやめます。ここで人間に戻って、「いい子!」とほめるのです。

「ガウ」だけでやめないときは、「ガウガウッ!」と言いながら、子犬の首に噛みつくふりをして歯を当てます。ほんとに噛んじゃダメですよ!
これは効果てきめんです。何日か繰り返すことで、「家具は人間のものなんだ」と理解してくれます。

もう成犬ですが、イタズラをやめないときは、今でもたまに犬式で怒ります。ただし、本気の攻撃性を見せる犬にはやらないこと。逆に噛まれてしまいます。
子犬のときには本当に効果がありますよ!

最後に

イタズラも、未然に防げるものは極力飼い主さんの心がけで改善していくことができます。

なかには、きちんと叱ることが必要な場合もあると思います。その場合も、叩くなど体罰はせず、まずどうやっていけないことを伝えるか考えてみてください。

気を引こうとしているのか、退屈なのか。不安なのか、あるいは本能なのか。

もしかしたら、まだあなたの知らないメッセージがそこに隠れているのかも知れません。