クラゲ万華鏡トンネル(昨年開催の様子)/画像提供:すみだ水族館

写真拡大

【すみだ水族館/女子旅プレス】東京・墨田区の「すみだ水族館」のクラゲ展示水槽が、写真家の蜷川実花の美しい作品によって彩られるコラボレーション空間が、2016年11月8日(火)〜2017年3月14日(火)まで登場する。

【さらに写真を見る】蜷川実花が幻想的に彩るクラゲ展示 すみだ水族館とのコラボ再び

昨年に引き続き2回目となる蜷川とクラゲのコラボレーション展示。今回は壁と天井が約5,000枚の鏡で囲まれた「クラゲ万華鏡トンネル」内のクラゲ水槽に、新たに幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型クラゲ水槽を含む10個のクラゲ水槽が追加され、計18個に。

クラゲゾーン全体が蜷川の映像作品や写真で彩られ、全長約50メートルのクラゲ万華鏡トンネルでは浮遊するクラゲと照明、アロマ、そして蜷川の作品によって常に表情を変えるトンネル空間で、クラゲと一緒に鏡の中の世界を漂っているような不思議な感覚を味わえる。

♥クラゲを身近に感じるプログラムも


また期間中は、夜の水族館にてビンに入った自分だけの“マイクラゲ”をじっくりと観察できる「ふわふわクラゲ」や、クラゲの不思議に迫る「クラゲ研究員」、特別メニューとして、ふわふわしたクラゲをイメージしたわたあめを乗せたゼリー入りソーダドリンクも提供される。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■蜷川実花とクラゲのコラボレーション展示


展示期間:2016年11月8日(火)〜2017年3月14日(火)
展示時間:終日開催
住所:東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ5F ・6Fすみだ水族館
営業時間:9:00〜21:00
※入場受付は閉館の1時間前まで、季節による変更あり
休館日:無休※水族館のメンテナンスやイベント等による臨時休業あり