写真提供:マイナビニュース

写真拡大

AJSは10月04日より、人事考課システム「P-TH(ピース)」の新バージョンを販売開始することを発表した。

P-THは、同社が提供している「人事評価ソリューション」のうち、評価制度の運用定着を促進するツールとして、さまざまな人事システムと連携可能な人事考課に特化したシステム。新バージョンでは、利用者自身で設定できる可能範囲を拡張し、操作性・メンテナンス性が向上している。

具体的には、利用者が設計・運用中の評価制度で使用している評価シート(紙・Excelファイル)をシステム化し、使い慣れたExcelベースなのでスムーズに導入することができる。

また、これままでと同じイメージの評価シートとして入力が可能なため、現場の混乱がなく、評価シートのフォーム設定・変更などのメンテナンスは、利用者自身が画面操作で行えるため、必要なタイミングでスピーディにメンテナンスできるとしている。価格は、100万円(税別/160名まで)となっている。

(辻)