写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JBCCとJBサービスは10月3日、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと協業し、ウォッチガードの次世代ファイアウォール「Firebox M Series」を月額で提供するサービスを、中規模組織および多店舗・多拠点に展開する分散型企業向けサービスとして10月1日より提供開始したと発表した。

「次世代ファイアウォール月額サービス」は、次世代ファイアーウォール機器を貸し出し、機器に対する日々の運用を代行するもので、貸し出しする機器は、ウォッチガードのほか、パロアルトネットワークスとバラクーダの製品も選択することができる。

今回、JBCCが「Firebox M Series」の販売と支援サービス(設計・構築、チューニング、障害復旧サポート、Q&Aサービス)の提供を行い、JBサービスが運用センター「SMAC」を活用してマネジメントサービス(運用・監視・レポート)をワンストップで提供する。

ウォッチガードは、JBCCとJBサービスに技術支援も含め「Firebox M Series」を提供するとともに、共同セミナーなどプロモーションを支援する。

提供価格(ユーザー50名以下)は、導入初期費用が25万円から、月額費用が6万円からとなっている(いずれも税別)。

(辻)