cafe 58 ブラックイエローハヤシライス/画像提供:カッパドゥエチ

写真拡大

【代官山地下グルメ街/女子旅プレス】東京・代官山駅から徒歩1分の場所に、老舗のカレーや行列ベーカリーなど専門店グルメを1,000円以下で味わえる新たなフードコート「代官山地下グルメ街」が2016年10月6日(木)に誕生する。

【さらに写真を見る】注目の新スポット「代官山地下グルメ街」各店舗のいち押しグルメがどれも美味しそう!

今回出店するのは、カレー&ハヤシライス専門店「cafe 58」、サンドイッチ専門店「nemo Sandwich&Cafe」、もっちり太麺のたらこパスタ専門店「talatala・taracco」、サンデー&シェイク専門店「tokinoa」の4軒。

いずれの店舗でも、ランチ・ディナーともに、コスパが良く財布にやさしいグルメを1,000円以下で味わえる。

♥cafe 58(カフェ ゴッパ)


1994年の創業以来、代官山の地で美味しいものをリーズナブルに提供して来た老舗カフェ。中でも名物のコナカレーは、トッピングの組み合わせで数万種類のバリエーションが楽しめるのが人気の理由。また、牛すじのブラックハヤシライスは真っ黒なルーでうまさも驚きの逸品。

♥talatala・taracco(タラタラ・タラッコ)


たらこパスタが死ぬほど好きなオーナーが津々浦々のたらこパスタを食べ歩き、自ら研究を重ねて生み出した自慢のたらこパスタを堪能できるたらこパスタ専門店。

もちもち食感の太麺と、たらこのツブツブ食感は相性抜群。好みに合わせてトッピングをアレンジしてオーダーすることも可能で、自分だけのオリジナルたらこパスタを楽しむことも。

♥nemo Sandwich&Cafe(ネモ・サンドイッチ&カフェ)


武蔵小山本店の「ネモ・ベーカリー&カフェ」で提供しているサンドイッチの数々と、本格コーヒー、紅茶、ジュース類が並ぶ「nemo Sandwich&Cafe」。

使用されるパンはシェフ根本孝幸が焼き上げる天然酵母使用のバゲット、イタリアで定番のチャバッタ、胚芽入りのパン・ド・ミなど。

個性豊かなパンとのマッチングを活かしたサンドイッチメニューを揃え、また食材や調理方法にもこだわり、注文を受けてから調理し始めるので、いつでも出来立ての美味しさを楽しめる。

♥tokinoa(トキノア)


昔懐かしのサンデーを味わえるサンデー&シェイク専門店「tokinoa」。店名は日本語の「toki(時)」とハワイ語の「noa(自由)」の造語で、スムージー・アイスシェイク・サンデーなどのデザートに加え、各種オリジナルグッズを取り揃える。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■代官山地下グルメ街


住所:東京都渋谷区代官山町20-20モンシェリー代官山B1
アクセス:東急東横線・代官山駅(正面口)徒歩30秒
営業時間:11:00〜21:00
定休日:年中無休