写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTデータは10月3日、IoT技術を用いて設備機器の稼働音を可視化することで、異常検知・予防保全を支援する異音検知ソリューションを2016年11月より提供開始すると発表した。

同ソリューションは、NTT研究所の異常音検知技術を用いてNTTデータが開発した「稼動音解析システム」により、工場などの生産設備機器やインフラ設備機器の稼働音の解析を行い、適切な保全作業の実施、設備機器の故障頻度の削減・稼働率の向上に貢献するもの。

設備機器に設置したマイクからリアルタイムで稼働音を収集し、環境音や雑音を除去した上で異音の発生を可視化。これにより、これまでベテラン技術者の耳で判断していた異音を客観性に基づいて判別し、メンテナンス・予防保全を行うことが可能となる。

同ソリューションでは、正常時の稼働音を事前に覚えさせるだけで、正常な稼働音と実際に取得した稼働音の乖離度合いを判定することが可能。

また、周辺騒音の抑制が可能であり、騒音が多い工場などの現場でも適用できるほか、監視対象の稼働音のデータをクラウドに集約することで、複数拠点に設置された多数の設備機器の状況を遠隔から一元監視することもできる。

(辻)