写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通国際情報サービス(ISID)、ローム、ラピスセミコンダクタ(ラピス)の3社は10月4日、共同開発中のIoTインフラ「SynapSensor」を用いて、屋内で稼働する作業車の位置や稼働状況などをリアルタイムで可視化するシステムのプロトタイプを開発したと発表した。

SynapSensorは、Bluetooth Low Energyと920MHz帯無線通信を用いて、安定した通信の下で消費電力の少ない大規模センサーネットワークの構築を可能にするIoTインフラで、3社が共同開発し2016年度中の製品化を目指している。SynapSensorを用いることで、屋内で稼働する多数の作業車の位置情報がリアルタイムで取得できるほか、さまざまなセンサーデータを同時に収集できるため、周囲の温湿度、受けた衝撃回数、現在誰が運転しているかなど、稼働状況を併せて可視化することが可能となる。

なお、同日より幕張メッセで開催されているCEATEC JAPAN 2016のロームブースでは、車両模型と人物模型を複数用いて、稼働中の作業車と運転者を想定したSynapSensorのデモンストレーションを展示している。

(神山翔)