「究極の時短!」パナソニックの“貼るメイク”が画期的と話題に

写真拡大 (全3枚)

パナソニックが「シミを隠せる極薄シート」を開発し、話題となっている。

CEATEC JAPANに出展

パナソニックは10月4日〜7日まで開催されるCEATEC JAPAN2016に、「メイクアップシート」を出展している。

CEATEC JAPAN/YOUTUBE

非接触肌センサと特殊印刷技術を応用した、1人ひとりにぴったりのシミを隠せるナノレベルの極薄シート。

ナノシートでシミを隠す

カメラがシミや毛穴の濃さなどを検出し、化粧顔料を塗布したナノシートをプリント。水を付けて肌に貼り付け、シミを隠す。

肌への悪影響はなく、およそ5〜6時間は使えるという。

ネット上で「究極の時短メイク」と話題

貼るだけでシミなどを隠せるメイクアップシートは注目を集めており、ネット上には反響が続々。

他にも「これいいな」「画期的。試してみたい」「究極の時短メイク」といった声が投稿されている。

朝のメイク時間は平均13分

ナガセビューティケアの調査によると、働く女性の朝のメイク時間は平均13分。

「ナガセビューティケア」news

メイクで最も仕上がりにこだわるのは「肌」(49%)だとか。

メイクは「塗る」→「貼る」時代に?

スピーディで綺麗な仕上がりのメイクは女性の願いとなっており、既に貼るだけでアイメークが完成するアイシャドウも登場。

メイクは「塗る」から「貼る」時代に変わっていくのかもしれない。