3日、ファンに寛大な香港の俳優チョウ・ユンファが、ある中年女性ファンのわがままに10分以上も拘束された。写真はチョウ・ユンファ。

写真拡大

2016年10月3日、ファンに寛大な香港の俳優チョウ・ユンファ(周潤發)が、ある中年女性ファンのわがままに10分以上も拘束された。大紀元が伝えた。

【その他の写真】

写真愛好家で自撮りも大好き、さらにファンに声を掛けられるとツーショット撮影を決して拒まないことで有名なチョウ・ユンファ。しかしこのほど、街中で出くわした中年女性ファンに10分以上も拘束された一部始終を、香港メディアに撮られている。

香港の繁華街で車を運転していたチョウ・ユンファは、1人の中年女性ファンに発見され、わざわざ車を停めてツーショット撮りに応じた。ところがこの女性は、家政婦に命じてペットの犬を連れて来させ、チョウ・ユンファの車に乗り込むなどやりたい放題。彼女の要求はエスカレートする一方で、最終的にチョウ・ユンファに拒否されている。

この報道に対しネットユーザーからは、「ファンサービスにも限度がある」「マナーの悪いオバサンは無視しないとダメ」「大スターは本当に気の毒だ」などと、チョウ・ユンファに向けて同情の声が投げ掛けられている。

チョウ・ユンファは過去のインタビューでファンサービスについて、「長年応援してくれている人も多いのに、わずか2〜3分で済むことを拒む理由がない」と語っていた。(翻訳・編集/Mathilda)