2016年流行の七五三ファッション&ヘアスタイルを大発表!

写真拡大

もうすぐ七五三。コレを読んでいるお父さんやお母さん、準備はお済みだろうか? 色々と悩んでいる親御さんは多いようで、「教えて!goo」には「お宮参りのときに娘に羽織る着物は七五三のときにも利用できるのでしょうか」という質問が投稿されている。これに対しては、「産着を着られるのはせいぜい5歳の七五三までだと思います。私はお宮参りをレンタルにして、3歳の七五三にあたらしく作るのがおすすめです」(kanako2005さん)、「3歳はお宮参り着物をそのまま肩上げして、腰上げしてOKです。(中略)…7歳はほとんど大人用なので、お宮参りのでは到底無理です」(bekky1さん)などの回答が投稿された。

可愛いわが子の晴れ舞台。何を着せたらいいか迷ってしまうものだが、特に和装は普段気慣れていないだけに、何も知らないという人も多いのでは? そこで、着物を選ぶ参考になるように、今年の流行を調査してみた。

■スタジオアリスに聞いた!年齢別の人気色と柄とは

スタジオアリスにレンタルの予約申し込みのあった着物の集計データ(国内のスタジオアリス全498店舗における、2016年5月12日〜2016年7月31日の予約)を元に発表した 2016年着物人気色ランキングによると、

「3歳男児は今年も青系が主流。メインの柄は5歳男児同様に勇壮な『鷹』や『兜』が人気ですが、ベースの色はまだ幼い3歳らしい水色や青緑など、爽やかな印象を与える色が選ばれています。3歳女児の一番人気は、ピンクの被布(ひふ)に黄色の着物を合わせた、優しい印象の色合い。柄は、小さな女の子によく似合う『花』や『蝶』が描かれています。定番の赤やピンクに、黄色やクリーム色を合わせた、やわらかい印象のものが選ばれている傾向が見られます」(スタジオアリス)

爽やかさや可愛らしさを演出する着物が選ばれている3歳児に比べ、5歳・7歳になるとちょっぴりお兄さんらしさやお姉さんらしさがプラスされる。

「5歳男児は、凛々しさを演出する白が人気です。他にも深緑や紺など、落ち着きのある上品なベース色が人気。このベース色が勇壮な『鷹』や『兜』などのメイン柄を引き立てています。7歳女児は前年に続き、水色が一番人気。柄は、色とりどりの花を取り入れた、豪華で華やかな『古典柄』が好まれています」(スタジオアリス)

豪華で華やかな古典柄が好まれる傾向がみられるとのこと。メインの柄に加え、縁起がよいとされる吉祥文様が描かれたものが人気で、男児では小槌や熨斗、女児では色とりどりの花や鞠が描かれたものが選ばれているそうだ。

■着物に合わせる髪型も抜かりなし!

続いて、着物に合わせるおすすめの髪型のアドバイスについて聞いてみた。

「男児は、髪の長さに合わせて、普段と雰囲気がガラッと変わるアレンジが人気です。髪の短いお子さまは、立ち上げた髪を真ん中に集めて爽やかなかっこよさを演出。髪の長いお子さまは、トップにボリュームを出して横に流すとクールに仕上がります」(スタジオアリス)

3歳児でも5歳児でも、男児の場合は「すっきり&爽やか」がポイントのよう。一方女児の場合はどうなのだろうか?

「まだ髪の毛が少ないことが多い3歳のお子さまにはウィッグを使ったアップスタイルが人気です。毛束を二つにまとめたスタイルなら3歳のお子さまらしく可愛らしい雰囲気になります。日本髪では、体型に合わせてサイドのボリュームを押さえたスタイルが人気です。そして、7歳のお子さまには『本格的な日本髪』や『モダンなおだんごスタイル』など、和装に似合う落ち着いた仕上がりが人気です。洋風のアレンジがお好みの方には、毛束をサイドでまとめたスタイルが人気。顔まわりを編み込むとよりいっそう華やかに仕上がります」(スタジオアリス)

3歳と7歳では体の大きさや髪の量がかなり変わるので、服装や髪型に変化をつけてあげるのが良さそう。事前の支度で頭がいっぱいになってしまうものだが、七五三は子どもの成長の節目となる大切な行事。ぜひ、素敵な一日になりますように!

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)