プジョー2008新車情報・購入ガイド
SUVらしい力強いフェイスへ! 内外装デザイン中心のマイナーチェンジ【ニュース・トピックス:プジョー】

写真拡大

日本マーケットには合わない5速ETGから6速ATへ。エンジンはパワフルな直3 1.2Lターボへ!

 プジョー は、コンパクト SUV2008 をマイナーチェンジし発売を開始した。

 プジョー2008は、2014年に登場した。デビューからしばらくの間、2008は1.2L直3自然吸気エンジンを搭載。82ps&118Nmというスペックながら、想像以上に力強い走りを披露した。これは、車重が1,140圓鳩擇ぜ崕鼎任△辰燭海箸皹洞舛靴討い襦G拡颪18.5/L。また、振動が気になる直3エンジンだったが、振動なども見事に抑え込まれていた。プジョー独特なフットワークと共に、非常に快適な1台だ。

 ただ、この2008には唯一、国内では弱点となる部分があった。それは、ミッション。搭載されていたミッションは5速ETG。このミッションは、シングルクラッチの自動変速機能付き5速MT。従来のモノより、かなり進化していて、シフトチェンジ時の空走感も随分減っていた。とはいえ、優れたATやCVTに慣れた日本のドライバーにとっては、それなりの違和感があるのも事実だった。

 その後、2016年3月に直3 1.2Lターボと6ATが2008に搭載された。110ps&205Nm発揮するエンジンは、かなりパワフル。滑らかに変速する6ATと組み合わされたことで、国内マーケットにおける弱点は無くなったといってもいい。燃費は17.3/Lとなった。

主に内外装デザインを中心にしたマイナーチェンジ。低速域の自動ブレーキも標準装備化

 今回のマイナーチェンジでは、主に外観の変更となる。1.2L直3ターボエンジンと6速ATの組み合わせには変化はない。スペックや燃費性能も同じだ。

 ひと目で分かるデザインの変更箇所はグリル。見る角度で光沢が変化し、ライオンエンブレムとともに垂直に立ちあがる大型のフロントグリルとなった。以前のスッキリした2008のグリルもスタイリッシュだった。今回の変更のように、より大きく押し出し感を強める手法が最近の人気SUVのトレンド。コンパクトなモデルながら、SUVらしい力強さを手に入れた。

 その他、水平にせりだした高めのボンネットや力強さを演出するフロント/リアのアンダーガードとブラックバンパーを装備SUVらしいタフなイメージをさらに強調している。リヤまわりでは、ライオンの爪を想わせる新型3D LEDリヤコンビネーションランプが装備された。

 安全装備面では、自動ブレーキ関連のアクティブシティブレーキが全車標準装備化された。アクティブシティブレーキは、約5〜30km/hの間で走行中、衝突の危険性がありドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動させ回避、あるいは衝突の衝撃を軽減する。こうした安全装備がようやく装着された点は評価したいが、30/h以下という速度や歩行者検知式でないことなどについては、性能的に物足りない状況だ。

 今回のマイナーチェンジで、2008のグレードはAllureとGT Lineの2グレードとなった。この2つのグレードは、装備だけでなくそれぞれに独自の個性が与えられている。Allureのエクステリアは、クロームパーツを、GT LineはRed & Blackを基調としたデザインになっている。

 インテリアは、インストルメントパネルをブルーに縁取ったAllureに対して、GT Lineはレッドアクセントを配した野性的なイメージに仕上げられている。

 プジョー2008は、SUVなのだが、駆動方式はFF(前輪駆動)のみ。そのため、ラフロードなどでのパフォーマンスを高めるために、GT Lineにはグリップコントロールが標準装備化されている。グリップコントロールは、駆動輪のエンジントルクとブレーキを制御。滑りやすい路面でも走行をサポートする。通常のノーマルモードに加え、路面状況に合わせた「スノー」、「マッド(泥、ぬかるみ)」、「サンド(砂地)」の 3 つのモードを備えている。

お勧めは2008 Allure。クリーンディーゼル車の導入に期待したい!

 プジョー2008の価格はAllureが2,620,000円。GT Lineが2,850,000円。グレード間の価格差は23万円。装備差は、グリップコントロールやアルミペダル/フロントドアステップガード、フロアマット、17インチタイヤ&ホイールなど。細かい部分では、内外装で色味が違う程度。グリップコントロールは、機械的なものではなく、ESC(横滑り防止装置)の制御の延長線上にある機能なので、それほど高価な装備ではない。そう考えると、GT Lineはやや高価な印象がある。グリップコントロールがいらないというのであれば、Allureで十分といったところ。

 このプジョー2008に期待したいのは、クリーンディーゼル車 だ。プジョーは、すでに308にクリーンディーゼル車を投入し好調なセールとなっている。さらに、ドンドンとクリーンディーゼル車を増やしていくという。プジョーは、2008のようなクラスにクリーンディーゼル車の導入は慎重だが、このクラスでハイオク仕様となると、輸入車好きやプジョーファン以外なかなか敬遠されがち。このままでは従来の顧客層からの脱却は難しい。2008はボディサイズ的に国産ユーザーから顧客を奪い、さらにセールスを伸ばしていくという使命もある。ハイブリッドやPHEV が無いのであれば、クリーンディーゼル車以外ないだろう。

プジョー2008価格

■プジョー2008価格
・2008 Allure 2,620,000円
・2008 GT Line 2,850,000円

この記事をCORISMで読む→