トヨタとBMWで共同開発を進める新型「スープラ」と新型「Z5」。

1

先日のスープラに続いて「Z5」の姿をカメラが捉えました。

フルカモフラージュされたボディから、デザイン・ディテールは不明ですが、ロングノーズと切り詰められたリアオーバーハング、ワイドなフロントグリル、ツインエキゾーストパイプなど、スポーティーなエクステリアが見て取れます。

ルーフには電動開閉式ソフトトップが採用される可能性が高く、軽量化とパフォーマンスの向上を目指しています。

ハイブリッドが予想されている「スープラ」に対し、「Z5」のパワートレインには、2リットル直列4気筒ターボ及び6気筒エンジンがラインナップされると見られています。

ハイエンドモデルとなる「Z5 M」には、最高馬力425psを叩き出す、3リットル直列6気筒エンジンの搭載が噂されています。

ワールドプレミアは早ければ2017年後半となりそうです。

(APOLLO)

【関連記事】

ついに現れた!トヨタ・スープラ後継モデル。FT-1デザインを継承か!
http://clicccar.com/2016/09/21/401051/

今度は「Z5」だ! トヨタ×BMWの共同プロジェクト、着々と進行中(http://clicccar.com/2016/10/04/404565/)