こんなパンはNG!ダイエット中に避けたい種類3選?

写真拡大

 ダイエット中でなくとも、パンは女性にとって大きな誘惑! たしかにふんわりもちもちしておいしいパンを食べると気分までアガりますよね! 

 でも、パンは一般的にGI値が高いもの。食後血糖値を急上昇させてしまうので、結果太りやすくなります。特に、オフィスワークでそれほど体を動かさないという人では、エネルギーを使いきれずに食べたものが脂肪になりやすくなってしまいます。そこで、知っておきたいダイエット中に避けるべきパンの種類を3つ紹介しましょう。

○ふんわりやわらかくしっとりしたパン

バターや油、砂糖がたっぷり使われている証。特に蒸しパンは甘く仕上げられていることが多いため、NGパンの象徴! 軽いため、つい食べ過ぎてしまうのでご注意を!

○デニッシュ生地のパン

こちらもバターがたっぷり使われています。食パンを選ぶなら、高級食パンより砂糖不使用のイギリスパンや全粒粉パンなどを選びましょう。

○揚げパン・揚げドーナツ

もちろん油で揚げている揚げパンや揚げドーナツは、カロリーが上がるので太りやすいパンの代表格。美味しいですが、その分リスクがあります。

 いずれもパンに目がないあなたにとっては悲しい話しですが、体型維持のためにも我慢は必要ですよ!