写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年10月4〜7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にて富士通ブースでは、メディエイタロボット「RoboPin(ロボピン)」がそこかしこに設置され、来場者とコミュニケーションを図ることが可能となっている。

ロボピンは、クラウドと接続することで、人との掛け合いや、ロボピン同士の連携などを行い、人の表情や言葉のニュアンス、周囲の環境情報を踏まえ、コミュニケーションを加速させる存在。ブースでは、来場者にロボピンと連携しているスマートフォンを渡して、良かった場所で振ってもらう、といったアクションをすると、別の場所のロボピンにも瞬時にそのデータが転送され、移動した後に、ロボピンが、あそこが良かったんだ、といったような会話を振ってくれたりして、コミュニケーションを深めることなどが可能となっている。

また、富士通が母体となって設立された量子ドットレーザー技術を活用したベンチャー企業「QDレーザ」のブースも富士通ブース内に設置しており、網膜走査型レーザーアイウェアを参考出展している。網膜投射型のデバイスは近年、注目を集めつつあるが、QDレーザの特徴は小型かつ低出力なレーザとMEMSミラーを組み合わせて実現しようというところ。装着者の視力やピントによらず画像を投影できる点に特徴があり、矯正視力が0.1〜0.5のようなロービジョンの視覚支援にも応用が可能だという。

こちらについては、レーザの小型化、低出力化を今後も進めていき、2018年ころをめどに医療承認を日本のほか、欧米でも取得していきたいとしている。

(小林行雄)