DJ YUTO

写真拡大

9月24日にロンドンで行われたDJの世界大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2016」で、シングル部門に出場した日本代表で現役大学生のDJ YUTOが世界1位を獲得。バトル部門でも、日本代表のDJ FUMMYが世界2位を獲得しました。

【DJの世界大会「DMC WORLD」 日本の現役大学生DJ YUTOが1位に輝く!の画像・動画をすべて見る】

日本人で世界チャンピオンに輝いたのは、DJ KENTARO、DJ IZOH(威蔵)に続き史上3人目となります。

DJの頂点を決める世界大会「DMC WORLD」





「DMC WORLD」は、世界各国から代表として選ばれたDJたちが、世界一を目指してその技術・センス・パフォーマンスを競う大会。1985年にスタートし、30年以上の歴史から数多くの優秀なDJを輩出。世界で最も権威あるDJ大会として知られています。

「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2016」で競われたのは、シングル部門とバトル部門の2部門。シングル部門は選手が1人1人パフォーマンスを行い、複数人のジャッジによるポイント合計を競うもの。バトル部門はDJ同士が1vs1でお互いに向き合い、MCとパフォーマンスで相手を打ち負かす競技です。

「DMC World DJ Championships」1

DJ YUTO



シングル部門で出場したDJ YUTOは、青森県出身の慶応大3年生。「DMC JAPAN」には東北代表として出場、満場一致の満点で優勝し「DMC WORLD」への挑戦権を獲得しました。

また、彼はDJ KENTAROの開催するスクール「World DJ Academy」の1期生でもあります。「DMC WORLD」では以前からライバル視していたというカナダのDJ BRACEを下し、栄えある世界チャンピオンに輝きました。

「DMC World DJ Championships」2

DJ FUMMY



バトル部門で出場したDJ FUMMYは、15歳でDJを始め2013年の「DMC JAPAN」でもシングル部門で優勝した日本屈指のターンテーブリスト。

今回バトル部門へは初出場だったにも関わらず「DMC JAPAN」で優勝。「DMC WORLD」では、決勝でブラジルのERICK JAYに惜しくも敗れたものの、世界2位という輝かしい成績を収めました。

※画像はすべて「DMC World DJ Championships」公式Facebookページより