就職してしばらく経って、自分ではそれなりに経験を積んできたつもりなのに、なぜかまだ「新人」「若手」扱いされちゃう、なんてことありませんか?その原因は、あなたが意識していない、ちょっとした振る舞いに隠されているのせいかもしれません。

Inc.」で記事を書いているPeter Economyさんは、若者世代が職場でやると「まだまだ」と思われてしまう5つのことをまとめています。あなたは大丈夫?

01.
なんといっても
言葉使い

これは、一番つっこまれやすいポイントです。同僚や上司との会話で、無意識に「若者コトバ」を使ってしまうと、「あ、こいつは仕事とプライベートの区別ができていないな」と思われてしまうでしょう。通じる人が限られる言葉は、聞いた相手をビックリさせたり、不快にさせちゃうこともあります。

もしあなたが素晴らしいアイデアを持っていたとしても、伝える言葉次第で、きちんと魅力が伝わらない可能性だってあるのです。

02.
「!」や絵文字を使うときは
気をつけて

友だちとのメールならばいいかもしれませんが、ビジネスの場面で使うときは相手やタイミングが大事。相手との距離感が掴めないまま使ってしまうと、急に子供っぽく見えてしまいますよ。

03.
長文メールで済ませがち

メールやメッセージは気軽に人とつながれるツールとしては便利ですが、仕事の場ではあくまでも必要な情報のやりとりに使うもの。

「言いにくいことは、とりあえずメールで…」とばかりに、長文メールを送るのは、相手にとっても迷惑になるかも。電話や直接会ったほうが早く解決するケースもあるので、そこは大人になって対処しましょう。

04.
態度がコロコロ変わる

誰だって考えが変わることはありますが、人の話を聞くたびにコロコロと意見が変わってしまう人は、「プロとしてのこだわりがないんだな」と思われてしまうことも。

ときには自分の言葉に責任を持って、最後までこだわることも大切。

05.
よくスマホをいじってる

確かに最近では仕事につかうのにも便利なスマホですが、ずっとうつむいてスマホばかりいじっている姿は、周りから見るとあまり印象がいいものではありません。空き時間をつぶすのにはもっぱらスマホ、という人も多いかもしれませんが、周りの状況を見て判断したいものですね。

Licensed material used with permission by Peter Economy