「ゆるさ」は発明の母

写真拡大

前回(http://president.jp/articles/-/20204)に続き、「ゆるスポーツ」を発案した澤田智洋氏との対談。「負けても楽しいプロセスが大切」と意気投合した若新氏と澤田氏が考える「ゆるさ」の価値や可能性とは?

■白黒つけない「中間」の価値

【若新雄純】僕がスポーツについてよく思うことは、たとえばオリンピックの競技にはヨーロッパ発祥のものがたくさんあるわけなんだけど、元をたどれば貴族が余暇時間を埋めるために始めた「遊び」だったってことです。上流階級で資産家でもある貴族が、労働階級を働かせている間、体動かしたりして遊ぼうぜ、といって生まれたのがテニスやサッカー、乗馬だったわけです。音楽や演劇の文化などもそう。貴族社会を肯定しているわけじゃないけど、遊ぶ余地があったから、スポーツなどの新しい文化が発明された。これってすごく大事なことだと思うんです。

それが、スポーツの多くは勝敗を争う「競技」として成熟しすぎて、遊べる余地がなくなった。僕はサッカーのルールをだいたい知ってて、ボールを足で蹴ることはできるけど、それを「サッカーができる」とは言わない。オリンピックのような競技大会が盛り上がれば盛り上がるほど、中途半端な状態では楽しめないのが残念です。

その点、澤田さんの「ゆるスポーツ」は、得意な人も下手くそな人も一緒にプレイできて、勝っても負けてもそのプロセスを楽しめる。「遊び」としての原点回帰ですね。

【澤田智洋】「ゆるスポーツ」のことを海外の人に話すと、とても興味を示します。「ゆる」は英語に直訳できないので、「ゆる」って何だ?と。あえて英語にすると、openでrelax、easy、pop、loose、crazy……ということになるんですが。この言葉の持つ脱力感というか、変に思考や筋肉が硬直していない懐の深さがすごくいいなと思っています。

【若新】「ゆるい」って何かと考えてみると、堅いものから柔らかいものまで、さまざまな状態を共存させることができるのが本当の「ゆるさ」だと思います。だけど、僕たちは極端で、「これしかダメ」と考えがち。どんな分野でも、徹底的に鍛え抜かれた圧倒的な実力がある人しか、プレイヤーとして認められない変な圧力を感じます。

なんでもかんでも白黒はっきりつけず、もっと「中間」のようなものがあるといいですよね。小学生や中学生がスポーツするときでも、周りについていけないからやめるんじゃなくて、ついていけない人は、ついていけるそれなりのレベルで楽しめる選択肢があるといい。

【澤田】まったく同意見です。白か黒かの二元化で考える傾向が強いのは、きっとそれが楽だからでしょうね。その意味で、「ずるいな」という気がします(笑)。僕らがやろうとしている「ゆるい」取り組みは、決して楽ではありません。みんなが白か黒かに安住しているところに、「いや、紫だ」と新たに選択肢をつくるわけですから。「ゆるい」という概念とともに、白黒以外の選択肢が広まり、「それもありだよね」といろんなことが許される社会が理想ですね。

■究極の「10メートル走」がおもしろい!?

【若新】「ゆるい」という概念が浸透すると、世の中が「ゆるい空気」に支配されることに危機感を覚える人もいるみたいなんですが、「ゆるい」という概念は、本流に取って代わるようなものではなく、選択肢が広がるだけで、あくまで亜流の発明です。僕が企画した「鯖江市役所JK課」にしても、JK課が注目されたからといって、従来の議会や行政の役割を根本から取って代わるようなものではありません。堅かったものを柔らかいものに変えてしまうのではなく、柔らかい「サブ」や「おまけ」のようなものもいろいろ共存できる状態。「それもあっていい」というのが「ゆるさ」の本質ですね。

スポーツと言えば、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けては、何か考えていますか。

【澤田】それほど意識はしていませんが、オリンピックとパラリンピックの間は2週間ほど空いているので、その期間を埋めるような企画はゆるやかに考えています。

【若新】以前この連載でも書きましたが(http://president.jp/articles/-/19883)、東京が2回目のオリンピックを開催する意味とは何かと考えてみると、もはや先進国への登竜門の位置づけではないので、お金をかけて規模を大きくすることには多くの人が辟易してると思うんです。なんか、趣向の違うことはできないでしょうかね。

【澤田】そうですね。既存のオリンピック競技でもない、パラリンピック競技でもない、第三のスポーツを提案したいです。そこにはスポーツ本来の楽しさや、日本のクレイジーさが凝縮されていて、誰も排除しない、妙にオープンさがあるものを提案できればと考えています。そういうものを、ある種“終わってるカントリー”――「オワカン」と僕は呼んでいますが――の日本から発信できるとおもしろいですよね。

【若新】それなら、「ゆるリンピック」みたいなのをぜひやってほしいですね。最先端の技術を使った、究極の「10メートル走」とかどうでしょう。いま、センサー式のスターターでフライングを厳密に測ったり、ゴールの瞬間も厳密に判断できるので、究極の10メートル走ができそうです。そもそも、100メートルを速く走ることに何か本質的な意味があるわけではないので、10メートル走でもいいはずです。メダリストもガラッと変わると思います。

【澤田】それ、ぜひ見たいですね。

■下手でもアート

【若新】今後、「ゆるスポーツ」をどのように発展させていこうと思ってますか。

【澤田】「ゆる」という概念を、スポーツ以外の分野にも拡張したいと考えています。まずは、「ゆるミュージック」をやりたいなと。スポーツ同様、音楽にも排他的な側面があって、リズム感がないとか、歌が下手とか、楽器を触ったことのない人にとって、音楽は結構ハードルが高いものです。カラオケに行ってもずっと手拍子だけで、肩身が狭い人もいますよね。リズム感がなくても、歌が上手くなくても楽しめる音楽がもっとあっていいと思うんです。

【若新】なるほど。そう考えると、「ゆるアート」みたいなのもやりたいですね。アートってなんか高尚なものだというイメージがあるので、敷居が高いです。大人になると、下手な絵を人前で書きづらくなります。子どものころは、そんなの気にせず落書きしてたし、そこに何かメッセージがあれば立派なアートですからね。さまざまな解釈も生まれるだろうし。

【澤田】今、子どもに「好きなように絵を描いて」と言うと、大抵の子どもはジバニャンやピカチュウを描くらしいです。つまり、同じモチーフで描こうとするのです。「アート」の定義にはいろいろあると思いますが、「ゆるアート」を定義するなら、「下手でもいいから、あなたらしさが出ればいいよ」ということにしておけば、誰もが楽しめそうです。絵の上手な人も、下手な人も、みんな描けばいい。参加者が広がることが、「ゆる」のいいところですね。

そう考えると、日本人はつくづく真面目だと思います。裏を返せば勤勉でルールを遵守するということですが、今はもっと「ゆるく」構えて、明るくポジティブに、自ら新しいルールをつくりながら、しなやかに進めばいいのではないでしょうか。

【若新】そうですよね。勤勉によって手に入れられるものが分かりにくくなってきました。中世ヨーロッパの「スポーツは貴族の遊びだった」という話もそうですが、なんというか、社会のプログラムから解放された時間の中からじゃないと、新しいコンテンツは生まれないんだと思います。日本の漫画もコスプレも、最初は遊びのなかから生まれています。

昔のような経済的成長はもう見込めない状況で、僕らが目指すべきことは、もっと文化的に発展していくってことじゃないでしょうか。新しいものができる余地を生み出す「ゆるさ」はというのは、僕らにとって発明の母なのかもしれません。

【澤田】「ゆるい」という言葉の価値をこれほど深く語り合ったことがなかったので、今日は新鮮に感じました。「ゆる」という概念こそ日本の財産だと思うので、どうやって最大限に生かすかは、これからも真剣に考えていきたいです。

(澤田智洋、若新雄純=談 前田はるみ=構成)