重要文化財 伝・土佐光信 「百鬼夜行絵巻」(部分) 室町時代(16 世紀) 京都・真珠庵蔵 展示期間:10/12〜11/6

写真拡大

日本一高いビル・あべのハルカス16 階の「あべのハルカス美術館」では、11月6日(日)まで「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」が開催されている。

展覧会には、妖怪たちの行進を描いた「百鬼夜行絵巻」が登場することにちなみ、関連イベントとして、10月9日(日)の夕方に「百鬼夜行」を行う。

この企画は、京都嵯峨芸術大学の妖怪藝術団体百妖箱が協力。大阪・天王寺をさまざまな妖怪達が練り歩く。

また、同日の10:00〜18:00まで、てんしば(天王寺公園内)にて、「妖怪」をテーマにした手作りアートマーケット「モノノケ市」も行われる。(55 店舗が出店/雨天中止)

<開催日時>
10月9日(日)17:00〜18:30

<コース>
17:00 発 てんしば(天王寺公園内)
17:45 頃着 あべのハルカス美術館前
18:00 頃着 ハルカス 300(展望台)
※一般の参加は募集しておりません。
※雨天の際は、あべのハルカス美術館前からスタート。
※見学自由ですが、展望台は入場券が必要です。

<プロデュース>
妖怪藝術団体百妖箱(京都嵯峨芸術大学)

(2016年10月3日時点の情報)