雨の日は、自宅でパーフェクトに身支度しても、待ち合わせ場所に着く頃にはヨレヨレになってしまった……という事態が起こりがちですよね。雨に濡れてしまうことはもちろんですが、湿度の影響でメイクやヘアが崩れてしまうこともあります。

悪天候のときこそ、レスキューアイテムの力を借りて、できるだけ手間をかけずにパーフェクトな姿でいたいもの。

今回は時短美容家の筆者が、雨天または悪天候が予想される日に持参しておくと便利なレスキューアイテムを3つご紹介しましょう。ちょっとの手間で、雨の日でも美しくいられるんです。

■1:防水レインシューズ

『美レンジャー』の過去記事「いかにも雨用じゃ…やっぱダサッ!いま欲しい“ラバーシューズ”3選」でご紹介していますが、最近はゴム素材のパンプスでも可愛いデザインがたくさん出ています。

革のパンプスだと雨が染みて、革が剥げたり、色落ちしてしまったりする危険性があります。しかし、お気に入りのラバーシューズを持っていれば、足元の不安が軽減しますよね。

もし、雨が降らなくても、オシャレなシューズとして服に合わせやすいデザインを選べば、美しさをキープできますよ。

服に合わせやすいベージュ系やブラック、ブラウンカラーがオススメです。

■2:替えのストッキング

最近はゲリラ豪雨などで、局地的に強い雨が降ることも多く、ラバーシューズを履いていてもストッキングが濡れてしまうことがあります。湿ったストッキングのシミは意外と目立つので、気分が下がりますよね。

やはり替えのストッキングをひとつ持っていると、駅のトイレで履き替えることもでき便利です。「コンビニで買えばいいかな」と思っていても、いざというときにストッキングを求めて歩き回るのって大変ですよね。

雨予報の日にひとつバッグに忍ばせておくだけで安心なので、忘れずに準備しておくといいですね。

■3:予備のタオルハンカチ

通常、ハンカチやタオルを1枚だけバッグに入れている女性は多いと思います。しかし、悪天候予報の日にはバッグにもう1枚予備に入れておくと、自分だけではなく、待ち合わせをしていた相手や、ずぶ濡れになっている友人の分にもなり、好感度アップにつながります。

濡れたバッグや洋服を拭くためにサッと差し出してあげると、「気配りができて、素敵な方だな」と好印象も期待できます。

雨の日を快適に過ごすためには、ちょっとの工夫や手間がカギになります。言われてみれば「なーんだ、そんなコト?」と思うことかもしれませんが、意外と忘れていませんか?

雨天でも美しさと好感度をダブルでゲットしたい女性は、ひと手間を忘れないでくださいね!