9月某日の東京で、約850名を動員して開催された『ミス・グランド・ジャパン日本大会』。世界5大ミスコンのひとつ、『ミス・グランド・インターナショナル』の世界大会出場者を選出する大会です。筆者も運営サイドとして携わり、ファイナリスト育成合宿“サバイバル・キャンプ”で講師も担当させていただきました。

運営委員長を務める吉井絵梨子氏は、2013年の日本代表。自身が世界大会に出場して以来、世界で通用する女性の育成に努めています。そんな吉井氏が語る、ファイナリスト及び日本代表に選出される女性に共通している点をご紹介します。

■ここが違う!勝ち抜く女性に必要な要素とは

エントリーから地方大会、数回のファイナリスト選考会を経て日本代表を選出していく中で、勝ち抜いていける女性には“共通する必須要素”があると吉井氏はいいます。それは3つのポイント。

(1)人と比べず、自分のよさを知っていること

誰でもコンプレックスがあり、人と比べてしまうもの。しかし、悩むよりも自分のいいところを見つけ、伸ばすことができる人はマイナスをもプラスに変えるパワーがあるのです。

(2)応援してくださる方々に感謝できること

ファイナリストになったのも、全て自分だけの力だと思うか、多くの方が応援してくれたからと感謝できるかで、合否は全く違います。スタッフを始め、周囲の方に対しても感謝の気持ちを忘れない女性は、内側からの輝きが感じられます。

(3)今いる環境を思いっきり楽しめること

今の状況が辛い、苦しいと悩んでいると、せっかく自分にとってプラスになる環境も無意味なものになってしまいます。どんな状況でも、今を楽しんでいける人は、人としての魅力が光ってみえるものです。

そんな吉井氏より、来年エントリーを考えている方へのメッセージを頂きました。

「ミス・グランド・ジャパンは、クリーンな運営と公正な審査を信念としており、本気で自分と向き合い頑張れる女性のためのステージを作っています。ミスコンと聞くと、“身長が高くなくてはいけない”、“英語が話せなければいけない”、“モデル経験がなくてはいけない”などといったことをイメージされるかと思いますが、ミス・グランド・ジャパンは応募者のやる気とポテンシャルを重視しています。だから、スキルや経験がなくても大丈夫。まずは自分を磨く第一歩を踏み出すつもりで、エントリーしてみてください。必ず“出てよかった!”と思える瞬間を私たちが約束します。」

コンテストに関わらず、世界で通用する女性は、容姿だけでなく内側からの魅力に溢れているといいます。

エントリーしてからの数か月間は、女性としての魅力を最大限に磨くことができる期間。自分自身を奮い立たせたい女性、チャレンジすることで自分を変えたい女性も、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

美容ライター愛用中!パサ髪が速攻回復「ヘアケアアイテム」3つ