今は我慢のとき…ドルトムントで不遇続くMF香川真司「結果を出して自分を証明するだけ」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は3日、6日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に向けたトレーニングを埼玉スタジアム2002のサブグラウンドで行った。

▽練習後、ミックスゾーンで記者陣のインタビューに応じたMF香川真司(ドルトムント)がベンチを暖める厳しい状況が続くドルトムントでの日々を問われると、「今は我慢」「チャンスをうかがっていくだけ」と気を吐いた。

◆MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)

──コンディションはどうか

「代表においては、2試合やってから1カ月ぐらい時間が空く。そこで試合ができないというフラストーションが少し溜まる。ドルトムントで試合に出られていればベストだけど、そのためのチャレンジをし続けていて、しっかりとトレーニングもしている」

──クラブで試合に出られていない現状について

「今は我慢。自分自身が悪いわけじゃない。それ以上に新しく入った選手が結果を出しているし、結果を出している選手が(試合に)出るのは当たり前。その競争に勝つために、日々トレーニングするしかない。自分もチャンスをうかがっていくだけ。シーズンは始まったばかりだし、慌てることはない」