100年以上も無農薬。手紡ぎ糸が織りなす極上ソックス

写真拡大 (全3枚)

いつか履いてみたい。そう思っていたソックスがあります。それはいまでは貴重な糸車をつかって、手紡ぎ糸でふんわりと編まれたやさしいソックスです。
自然栽培綿を手紡ぎで

古い映画でときどき見かける糸車。それを動かす職人の手がやさしくて、見ているだけであたたかい気持ちになります。その情景を彷彿とさせるものが、手紡ぎ糸で編まれた靴下「あしごろも」。
一番太い糸を編むために、なんと1950年製のイギリスの編み機を使っているのだとか。さらに製造60年以上のノウハウを活かすことで、空気をたっぷりと含む、やわらかい編み上がりが実現したのです。

もちろん糸にもこだわりが。100年以上もの間、農薬も化学肥料も使われたことのない土地で大切に育てられた自然栽培綿の糸をつかっています。ひと撚りひと撚り手間をかけて紡がれているので、熟練の職人でも1日に200g(ソックス3足分)しかつくれないのだとか。
やさしさを贈る
そうして、よりふんわりとやわらかい糸にするために、人の手で丁寧に紡がれているソックスだから、自分用にはもちろん、両親へのプレゼントにもよさそう。また出産祝い用の「おかあさんと一緒セット」なら、赤ちゃんにだけでなく、産後のからだをいたわってほしいお母さんの分も入っているから、「出産おめでとう、そしてどうかあなたのからだもいたわってね」という気持ちも伝わります。
足元が冷えがちなこれからの季節にうれしい、とっておきのソックス。2016年10月3日より、公式オンラインショップにて販売開始です。
[あしごろも]
あわせて読みたい
・身につけるだけじゃない。暮らしを豊かにする香水の楽しみ方
・その表情が人を惹きつける。まわりが放っておかない女性の秘密(Sponsored)
・ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。