中国民用航空局によると、中国はカナダ・モントリオールで行われた国際民間航空機関(ICAO)総会において高得票で第1カテゴリー理事国に選出された。中国は2004年から5回続けて第1カテゴリー理事国に選出されている。資料写真。

写真拡大

中国民用航空局によると、中国はカナダ・モントリオールで行われた国際民間航空機関(ICAO)総会において高得票で第1カテゴリー理事国に選出された。中国は2004年から5回続けて第1カテゴリー理事国に選出されている。中国のほか、オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、英国、米国も引き続き第1カテゴリー理事国に選出された。

ICAO理事会は36の理事国で構成。このうち第1カテゴリー理事国は11カ国で、航空運送において最も重要な国、第2カテゴリー理事国は12カ国で、国際民間航空の航行施設の設置に最大の貢献をする国だ。中国は1974年以来、10回続けて第2カテゴリー理事国に選出され、2004年には第1カテゴリー理事国になった。(提供/人民網日本語版・編集/NA)