国際通貨基金は米東部時間9月30日、IMFの特別引き出し権の構成通貨に人民元が正式に加わったと発表した。IMFのラガルド専務理事は声明で「構成通貨の拡大はIMF、中国、国際通貨制度にとって歴史的な一里塚だ」と述べた。資料写真。

写真拡大

国際通貨基金(IMF)は米東部時間9月30日、IMFの特別引き出し権(SDR)の構成通貨(通貨バスケット)に人民元が正式に加わったと発表した。IMFのラガルド専務理事は声明で「構成通貨の拡大はIMF、中国、国際通貨制度にとって歴史的な一里塚だ」と述べた。

中国人民銀行の責任者は「人民元のSDR構成通貨への正式採用及びラガルド総裁の声明を歓迎する。これは人民元の国際化における一里塚であり、中国の経済発展の成果と金融業の改革開放の成果を評価したものであり、SDRの代表性、安定性、吸引力の強化に寄与し、国際通貨制度改革の前進にとってもプラスだ。中国側は人民元のSDR構成通貨入りを契機に、一層金融改革を深化し、金融開放を拡大し、世界経済の成長促進、世界の金融の安定維持、世界経済ガバナンスの整備に積極的に貢献する」と指摘した。

新たな「通貨バスケット」は米ドル、ユーロ、人民元、日本円、英ポンドの5通貨からなり、構成比は人民元が10.92%、ドルが41.73%、ユーロが30.93%、円が8.33%、ポンドが8.09%だ。IMFはSDR金利を毎週計算しており、10月7日には人民元加入後初の金利が発表される。(提供/人民網日本語版・編集/NA)