写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は3日、100%電気自動車「リーフ」の世界累計販売20万台達成を記念した特別仕様車「thanks edition」を発売した。

日産「リーフ」は、走行中にCO2などの排出ガスを出さないゼロ・エミッション車として、高い環境性能を有すると同時に、力強くなめらかな加速性能、高級車のような静粛性、高い操縦安定性、ガソリンと比べて安価な電気で走ることによる経済性の高さが特徴。2015年12月に追加された30kWh駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したモデルでは、一充電走行距離280km(JC08モード)を実現し、安心してロングドライブに使用できるEVとして高い評価を得ている。

今回発売する特別仕様車「リーフ thanks edition」は、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」「X エアロスタイル」「G」「G エアロスタイル」をベースに、「リーフ」の販売台数20万台を記念し、魅力的な装備を標準装備しながらも購入しやすい価格設定とした。

カラーバリエーションは新たに3色を追加設定して全12色としており、これは「thanks edition」に限らず「リーフ」すべてのグレードで選択可能となっている。日産「リーフ thanks edition」の価格は372万3,840〜456万4,080円(税込)。

(木下健児)