万能素材ヘンプにこだわったオーストラリア発「GOOD STUDIOS」が初上陸

写真拡大

 ビルケンシュトックを国内で展開するベネクシーが手がける新ストア「クオリネスト(QUORINEST)」が、原宿のキャットストリートにオープンした。日本初上陸となるオーストラリア発のブランド「グッドストゥディオス(GOOD STUDIOS)」など「新たな快適」をコンセプトにアパレルや生活雑貨などを取り扱う。 オーストラリア発「GOOD STUDIOS」が初上陸の画像を拡大

 日本には初進出となる「グッドストゥディオス」は2012年にオーストラリアのアデレードで立ち上がったブランド。現在、オーストラリア内のセレクトショップ6店舗と、オンラインストアで主に展開している。シンプルベーシックをベースに、サステナブルな素材であるヘンプ(麻)を主に使用したアイテムをラインナップ。シャツやニット、コート、パンツなどがそろい、XSからXLのサイズ展開でユニセックスで楽しめるデザインに仕上がっている。 フィルムアートディレクターとしてのバッググラウンドを持つブランドのクリエーティブディレクター アニー・ダフ(Anny Duff)は、「誰にとっても手が届きやすいスタイルのサステナブルファッションを作りたいという思いでブランドを立ち上げた」と成り立ちを説明。「ヘンプはその全てが食や衣服に使える万能な植物。夏の服というイメージがあるが、夏はもちろん冬には温かく着られる素材ということをたくさんの人に知ってほしい」と素材へのこだわりを語り、ヘンプ100%でリサイクルヘンプからできたボタンを使用したシャツや、オーガニックコットンやオーストラリア産のウールを織り交ぜたアイテムがそろう。海外での展開はオンラインを除いて初めてとなり「1年前に行ったパリの展示会で声をかけてもらったのがきっかけ。この1年で話が進展して、このようなスペースで商品を販売できることになったのは嬉しい。ブランドにとっては大きな挑戦」だという。「自分が作ったものやプロセスを誇りに思っているが、それを大げさに伝えることはしていない。実際に手にとってくれた人がデザインや着心地を『良い』と思ってくれて、初めて素材や製造の背景を知ってもらうという流れが理想的」とサステナブルブランドとしての立ち位置を語った。 イメージムービーはデザイナー自身が監修。妹をモデルに起用し、自宅で撮影を行った。地元アデレードの自然を背景に、ブランドの服が溶け込むような映像に仕上がっている。■QUORINEST(クオリネスト)住所:東京都渋谷区神宮前6-15-5 Mビル神宮前I電話番号:03-6451-1458営業時間:12:00〜20:00(年中無休)■ GOOD STUDIOS