X-girlがNY発ストリートブランドMADE MEとコラボ キム・ゴードンの娘がモデルに

写真拡大

 「エックスガール(X-girl)」が、ニューヨーク発ストリートブランド「メイドミー(MADE ME)」と初めてコラボレーションしたアイテムを10月14日に発売する。イメージビジュアルには、ブランド創設者であるキム・ゴードン(Kim Gordon)の娘、ココ・ゴードン・ムーア(Coco Gordon Moore)を起用した。 X-girlがMADE MEとコラボの画像を拡大

 「メイドミー」は、「シュプリーム(Supreme)」のプロダクトディレクターを担当するエリン・マギーが2007年に設立したブランド。ストリートファッションにフェミニンな要素を持ち込んだアイテムを展開し、ニューヨークの「オーク」やパリの「コレット」などで取り扱われている。 「エックスガール」とのコラボレーションでは、キム・ゴードンが提唱した「女の子による、女の子のためのアイテム」をコンセプトにパフジャケットやロングスリーブTシャツ、ニット、オーバーオール、ベレー帽などをそろえる。ココ・ゴードン・ムーアを起用したビジュアルの撮影は、「シュプリーム」のデザインディレクターを10年務めた後、映像監督としてビヨンセなどアーティストのPVを制作してきたリッキー・サイズが手掛けた。■X-girl公式サイト