写真提供:マイナビニュース

写真拡大

hachidoriは10月3日、ブラウザ上でコードを書かずにチャットボットが作成できるツール「hachidori(ハチドリ)」リリースした。

同サービスは、SaaS上でコーディング不要でクロスプラットフォームボットを作成できるサービス。サーバホスティングからBOTの自動応答会話内容の指定、各種メッセンジャーとの連携、外部APIとの接続までをワンストップで行える。

現在作成できる機能は、Facebook Messenger Platformのメニュー、クイックリプライなどのv1.1の機能、LINEのカルーセル、ボタン、リッチメッセージ(Imagemap message)などのリッチ機能だが、他のプラットフォームにも順次対応していく予定だという。

提供価格はBOT数や送信メッセージ数に応じて、MINIが月額980円/年額9800円、SMALLが月額2980円/年額2万9800円、MEDIUMが月額5980円/年額5万9800円、LARGEが月額9980円/年額99800円となる(いずれも税別)。リリースに伴い、同日より10月末までhachidoriを無料で利用できるキャンペーンを開始した。その後は、初回2週間無料で利用できるFree Trialを用意する。

(山本明日美)