「ダイエットしたいなら酵素を摂るといい」と、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。酵素ドリンクやサプリに関心がある人はたくさんいるはず。でも、まずは身近な食材で摂れないか考えますよね。

酵素が多く含まれる食品といえば、発酵食品。そして日本人にとって身近な発酵食品の代表格が、味噌汁でしょう。

しかし残念ながら……味噌汁では酵素を効果的に摂ることができないのです!

今回は、酵素が気になっている人は必見! 酵素の真実と、酵素を摂るために食べるべき食材をご紹介したいと思います。

■そもそも酵素って何?

“酵素”というワードはよく聞きますが、「酵素とは何ですか?」と質問されると、うまく答えられる人は少ないのではないでしょうか。

酵素はもともと私たちの体に存在しているもの。簡単に言うと、人の生命維持に欠かせないものです。呼吸、消化、代謝、手足や臓器を動かすのにも、酵素が必要。ビタミンやミネラルも、酵素がないと働きません。

もし、体のどこかに不調を感じているのなら、酵素が不足して免疫力が落ちていることもひとつの原因として考えられるのです。

■食事から酵素を補うべき理由

体内にある酵素は“潜在酵素”といい、必要に応じて代謝や消化に使われます。しかし、潜在酵素の量は年齢とともに減っていくもの。消化に使う量が多くなればなるほど、代謝に使う酵素が不足してしまいます。

食事から補える酵素は消化にしか使うことができませんが、潜在酵素は代謝に回す量を増やすことが可能。代謝がよくなれば、ダイエットや美肌にもつながるので、キレイでいるためにも食べ物で酵素を補うことが大切なのです。

■味噌汁で酵素が効果的に摂れない理由

発酵食品には酵素が豊富。野菜も一緒に摂れる味噌汁は、一見酵素チャージに最適なように思えます。しかし、味噌汁から酵素はあまり摂れません。

実は酵素は熱に弱く、味噌汁のように加熱してしまうと酵素は壊れてしまうのです。酵素を含む食材は、生のまま食べるのが1番! では、どんな食材が酵素チャージに向いているのでしょうか。

■酵素を摂るために食べるべき食材

おすすめの酵素を多く含む食べ物、食べ方をご紹介しましょう。

(1)生野菜・果物

切ってすぐ食べられる生野菜や果物は、忙しい朝にぴったりです。

(2)納豆

乳酸菌も含まれているので、腸を整えながら酵素も摂れます。

(3)おろし野菜・果物

野菜や果物をすりおろすことで細胞膜が壊れて酵素が飛び出し、摂れる酵素の量が増えます。焼き魚やとんかつなどは大根おろしと一緒に食べたり、サラダにおろした玉ねぎや人参を加えたり、ヨーグルトにおろしたリンゴや梨を入れたりと幅広く活用できます。

(4)コールドプレスジュース

低温圧搾すれば、酵素をしっかり摂ることができます。熱で酵素が壊れる心配もなく、1杯で多くの野菜と果物を摂れる点でもGOODです。

味噌汁は酵素を摂ることはできませんが、大豆やたくさんの野菜を一緒に摂ることができるので魅力的なメニューです。ただ酵素不足を防ぐためには、加熱していない酵素を含んだ食材を摂るようにしてくださいね。

【関連記事】

サラダ好きも要注意!便秘に大腸がんを招く「腸が嫌がる」悪習慣4つ