2日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)で、リオ五輪男子卓球団体の銀メダリスト・丹羽孝希が、乃木坂46のライブのために、番組を途中退席したエピソードを明かした。

番組には乃木坂46から西野七瀬、白石麻衣、生駒里奈の3名がゲスト出演し、トークを繰り広げた。

その際、乃木坂46の大ファンを自認する丹羽からのメッセージが公開された。VTRで丹羽は、「僕からメッセージを送るなんて本当におこがましい」と謙遜しながらも、「卓球しか楽しみがなかったんですけど、今は(乃木坂46の)ライブだったり、番組を毎週欠かさず観ているので楽しみが増えました」と強い乃木坂愛を語った。

乃木坂愛が表れたエピソードとして、丹羽が出演していた「くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド」(同局系)の映像が紹介された。そこで丹羽は「すみません、楽しみにしてる乃木坂のライブがありまして」と言い残すと、番組を途中退席してしまったのだ。

MCの上田晋也が「仕事と乃木坂とアンタどっちが大事なの?」と聞くと、丹羽は「オリンピック前からこのライブがあるから頑張ろうと(思っていた)」と回答。念願のライブだったことを知り、上田も「しょうがない、行ってきなさい!」と許可していた。

しかし、チームメイトの水谷隼がこれで乃木坂のライブに3日連続で行くことになることを伝えると、上田から「だったら戻って来〜い!」とツッコミが入っていた。丹羽はそのときのことについて、「あ、そういえば上田さんこないだ、すみませんでした」とコメントすると、上田は「『そういえば』じゃないわ!」とツッコミを入れていた。

VTR後、スタジオの上田は「やっぱ乃木坂相手だと違うね、こないだ共演させてもらった番組、こんなにしゃべってなかったもん」といい、丹羽の乃木坂に対する思い入れを物語る感想を語っていた。

【関連記事】
明石家さんま 6歳の福原愛をガチの卓球勝負で泣かせた過去
卓球を「根暗」だと指摘したタモリ 1000万円寄付していた
リオ五輪男子の吉村真晴 卓球界の高額な賞金事情を告白「現ナマでポンって」