凱旋門賞でマカヒキがまさかの14着 調教師が考える要因は予行演習

ざっくり言うと

  • 2日の仏GI「凱旋門賞」で、日本ダービー馬のマカヒキは14着に沈んだ
  • 予行演習を兼ねた9月11日のニエル賞出走が裏目に出た可能性があるという
  • 友道康夫調教師は、中2週のレース間隔が初だったことを敗因として挙げた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング