あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気付けたほうが、より良い人生を送れることは間違いありません。

それには、いろんな人や言葉に出会うのがひとつの方法かもしれません。たとえば、経営コンサルタントの木村進さんの著書『頭がよくなる名言100』からピックアップした、世界の偉人が残した「人生にまつわる名言」を参考にしてみてください。

01.
うまく始められたものは、
半分できたも同然だ。

(アリストテレス/古代ギリシャの哲学者)

私自身の経験を言うと、本を執筆する際、一行目を書き始めることができたとき、その本の完成は見えてくる。

問題は、一行目が書けるまで、である。尊敬する物書きの先輩たちも「とにかく一行目を書いてみろ」と言っている。書いているうちに話は展開していき、そこで問題も、深く追求すべきこともよく見えてくるのだ。

そして、もし書き始めの部分が物足りないとわかったら、書きなおせばいいのである。だから、アリストテレスがここで言っていることは、実際正しいと思う。一方で、人生で難しいものの一つは、この「やり始める」ということでもあるのだが…。

02.
この世は鏡である。すべての人に自分の顔を映して見せる鏡である。

(ウィリアム・メイクピース・サッカレー/イギリスの作家)

私たちはよく「世の中が悪い」と言う。その通りかもしれないが、その世の中は、自分自身も何らかのカタチで関わっているものである。そして、そのことに気付かない人が多いのも事実である。

世の中は、自分の姿を映し出す鏡のようなものである。だから世の中を変えたければ、まずは自分を変える必要がある。自分が変わっていけば、少なくとも世の中を見る目は変わってくるはずだ。

03.
絶え間ない苦難、やむことのない戦いという大変な状況をくぐり抜けていくことで、偉業は成し遂げられる。

(オリソン・スウェット・マーデン/アメリカの作家)

多くの偉人伝は、「晩年は努力と苦労の甲斐あって、これだけの偉業を成し遂げ、名誉と名声の中で終わった」というストーリーである。

だが、偉業を成し遂げた人たちの実際の人生は、死ぬまで苦難と戦い、大きな壁を乗り越え続けている。トヨタ自動車の創業者・豊田喜一郎も、これからトヨタを再建していくぞというなかで亡くなっている。その人生のほとんどは、創業の大変さと倒産の危機のなかで苦しみに耐え続けたものであった。

社会は、こうした偉業達成のために奮闘する人たちのおかげで進展していくのだ。

04.
急がずに、しかし休まずに、進もう。

(ゲーテ/ドイツの劇作家)

ゲーテの代表作の一つ『若きウェルテルの悩み』は1774年に書かれ、『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』は1821年に書かれた。実に50年もの時の経過がある。2冊とも高校生のときに読んで感動した記憶がある。私も、ゲーテには程遠いかもしれないが、コツコツとやるべきことを続けて、一生を有意義に送りたいものだと考えた。

それから30年後に、ゲーテの『イタリア紀行』を持ってイタリアを旅した。『イタリア紀行』は、ゲーテの若かりし頃の体験を晩年に書いたものだが、その生涯を通しての人生の追求には、見習うべきものがあると思った。

私たちの人生をより面白く、より充実したものにするコツは、ゲーテの生き方にあるのではないか。決して急がず、しかし休まずに進むのである。自分がやりたいこと、やるべきことをじっくりと手に入れていこう。

05.
どんな小さな事でも、全力でやる。これが大きなことができることにつながる。

(ジェームズ・フリーマン・クラーク/アメリカの聖職者)

「神は細部に宿る」と言う。偉大な芸術家や科学者などは、どんな小さな事にも手を抜かない。小さな事と見えるところに、かえって人を感動させるものがある。

私たちの人生においても、「小さな事だから」といいかげんにやったことから、大きな問題になることが多い。反対に、小さなことでも全力で取りかかり、大発見、大発明などの大きな仕事につながることはとても多い。例えば、昔ソニーの大ヒット商品となったウォークマンは、音楽好きの創業者・井深大が「出張中の飛行機の中でもいい音で聴きたい」と漏らしたのを受けて、盛田昭夫や技術者たちが真剣に取り組んで商品化したものである。

それにアップルのスティーブ・ジョブズも影響を受けて、後のiPodやスマートフォンにつながっていったのであろう。私たち凡人は小さなことだと思うとすぐ手を抜こうとするが、これではいけないと教えられる。

06.
人生を最もよく生きた人間とは、一番長く生きた人間のことではない。最も豊かな経験を積んだ人間のことである。

(ジャン=ジャック・ルソー/フランスの思想家)

人生を豊かに、長く生きるためにはどうすべきであろうか。

もちろん一つには、何歳になろうが人生の希望や目標というものを持ち続けることである。もう一つ大事なことは、若いときの過ごし方である。若いときこそ、夢と希望を持ち、それに向かって必死に頑張るようにしたい。

このときに積んだ多くの経験が、人生を豊かにする。しかも50〜60歳はおろか、100歳になろうとも、その経験からさらに味わいのある人生を体験しつつ、老後を送ることができる。若いときからの挑戦と努力の経験が、その人生を豊かに、長く、より充実したものにしてくれるのだ。

07.
経験を賢く生かせるなら、無駄な時間は何もない。

(オーギュスト・ロダン/フランスの彫刻家)

時間は限られている。特に10代、20代、30代はとても貴重だ。10代から30代までに挑戦し、失敗してもそれに学び、それを生かしてさらに挑戦することで、人の土台はつくられる。だから、この時代に何を経験し何を学んだかが、自分の人生の行方や価値を大きく決めることになる。

気を休める時間や趣味の時間も悪くないが、人生は自分との戦いでもあることを知っておきたい。だから自分のやるべきことを見出して、それに打ち込み、その経験を生かしてどんどん成長していきたいものだ。

08.
やらなかったことの言い訳をするより、仕事をしっかりとやり遂げていくほうが、より簡単なことである。

(マーティン・ヴァン・ビューレン/アメリカの政治家)

言い訳ばかりする人は、うまく行かなかったことの理由を考え、その証拠づくりに努力する。そんな努力をするくらいなら、ちゃんと仕事に力を入れるほうが楽だし、将来の自分のためになる。

それなのに言い訳ばかりをする人の心理はよくわからない。よくわからないがそれを推測してみると、恐らく他人頼りの人なのであろう。自分に自信がなく、責任を取りたくないという人の処世術なのである。だが、こんな人の未来は暗い。いずれ必ずお荷物として持て余される。

だったらはじめから、自分から進んでしっかりと仕事をし、問題があったら言い訳をせずに改善していけばいい。このほうが易しいし、楽しい。処世術としても何倍も上等である。

09.
あなたの決断を批判する人は必ずいる。その批判が正しいと信じざるをえないほどの困難も出てくるに違いない。やるべきことの計画を立て、それをやり遂げるのは、本当に勇気がいることである。

(ラルフ・ワルド・エマーソン/アメリカの思想家)

他人から批判を受けているということは、生きているということだ。何か計画を立て、それを実現していこうとすることは、世の中に波を起こすことである。船が動けば波は起き、他人にいく分かの影響を与える。影響を与えると、これをとやかく言う人が必ずいる。批判もされる。これが嫌となれば「もはや生きるな」ということになる。

私たちは生きなければならない。自己主張をし、自分が正しいと思うことを計画し、それを実現していかなければならない。

10.
逆境に直面したときにも揺らぐことがない。これが真に称賛できる人のありようである。

(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン/ドイツの音楽家)

もともと逆境に揺らがないという人はいない。ベートーヴェンだってそうだ。努力して、どんな逆境でも揺らがないぞという心をつくり上げていっている。そのためには何が必要となるだろうか。

ひとつは、「自分のやるべきことを見つけ、それに打ち込む」ことだろう。それで、どんな逆境にも負けてなんかいられないという強い心ができていく。もう一つは、すべてを受け入れる度量と感謝する心を持つことだろう。

名言を、読むだけで満足していませんか?声に出し、覚えて自分のものにすれば、あなたの頭は確実によくなります。──と言及する著者が、ガンジーやナポレオンなど古今東西の偉人が残した名言をまとめた本著。ボロボロになるまで使い込んでこそ価値がある1冊です。