1度の充電で600km走る、フォルクスワーゲンの次世代EV「I.D.」

写真拡大

フォルクスワーゲンは、1度の充電で400〜600km走行できるEVコンセプトカー「I.D.」を発表した。「未来は電気自動車にある」との決断を下した同社の姿勢を示す新モデルだ。

SLIDE SHOW 「1度の充電で600km走る、フォルクスワーゲンの次世代EV「I.D.」」の写真・リンク付きの記事はこちら
Autodesk VRED Professional 2016 SP1

2/3

Autodesk VRED Professional 2016 SP1

3/3

Prev Next

フォルクスワーゲンは9月28日(現地時間)、「パリモーターショー2016」のプレヴューイヴェントにおいて、EVコンセプトカー「I.D.」を公開した。フォルクスワーゲンは、このI.D.を2020年に発売するとしている。

フォルクスワーゲンによると、I.D.は125kWのモーターを搭載し、1度の充電で400〜600km走行できる。同社の「モジュラー・エレクトリック・ドライヴ(MEB)」プラットフォームをベースに使用した最初の製品だ。

I.D.は、フォルクスワーゲンの人気車種「Golf(ゴルフ)」に匹敵するモデルとして発売される予定で、実際に提供されたイメージ画像も、だいたいそのような感じに見える。

自動運転モードが搭載されるのは2025年からとのことで、自動運転モードを使用するときは、ハンドルはダッシュボードに収納されるそうだ。

フォルクスワーゲンの役員会は、ディーゼル車の排ガス不正問題が明るみに出てから数週間もたたないうちに、「自社の未来は電気自動車(EV)にこそある」との決断を下した

2016年になるとフォルクスワーゲンはより具体的なプランを出し、「2025年には同社が販売する自動車の20〜25パーセントはEVになる」と予想している

RELATED