2日、アクションスターのドニー・イェンが、人気シリーズ映画「イップ・マン」のパート4の計画が進んでいることを明らかにした。写真は映画「イップ・マン」ポスター。

写真拡大

2016年10月2日、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が、人気シリーズ映画「イップ・マン」のパート4の計画が進んでいることを明らかにした。東網が伝えた。

【その他の写真】

2日、ドニー・イェンが中国版ツイッター上に、ウィルソン・イップ(葉偉信)監督とのツーショット写真を投稿。「みんながエキサイトする情報を公開するよ。親友のイップ監督と次の映画を決めた。イップ師匠が戻ってくるよ」とメッセージを添え、「イップ・マン」パート4の計画を明らかにした。

2008年に「イップ・マン 序章」でスタートした人気シリーズ。自身を中華圏トップのアクションスターへ押し上げてくれた映画として、ドニー・イェンにとっても思い入れの深い作品だ。香港では昨年12月にパート3を上映。 ファンからは早くもパート4を望む声が上がっていた。

東網のインタビューに答えたドニー・イェンによると、パート4についてはイップ監督のスケジュールが空くのを待ち、脚本準備に取りかかる予定。プロデューサーのレイモンド・ウォン(黄百鳴)は、本格始動は来年になると語っている。

パート3では、元プロボクサーのマイク・タイソンと戦ったドニー・イェン。パート4での対戦相手について、ファンからは「次は宇宙人か?」などと期待の声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)