写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PostgreSQLグローバルデベロップメントグループは9月29日(ノルウェー時間)、「PostgreSQL: PostgreSQL 9.6 Released!」において、PostgreSQLの最新版となる「PostgreSQL 9.6」の公開を伝えた。「PostgreSQL 6.9」はパラレルクエリ、同期レプリケーション機能の改善、フレーズ検索、パフォーマンスと安定性の向上などが実現されており、スケールアップとスケールアウトの双方を実現したバージョンとされている。

「PostgreSQL 9.6」で特に注目されるのはいくつかのクエリがパラレルクエリに対応した点。これにより、従来、単一のコアしか使うことのできなかった処理で、複数のコアを同時に利用できるようになる。実際は、搭載しているコアの数に依存するが、特定の大規模データ処理で最大32倍の高速化が実現したとしている。

そのほかの新機能として、新たなシステムビューとファンクションの導入(pg_stat_wal_receiver、pg_visibility、pg_config、pg_blocking_pids、pg_notification_queue_usage)、コマンド進捗レポートのサポート、エクステンションのインストールにおけるカスケードのサポート、pg_basebackupコンカレンシのサポート、ウェイトイベントのサポート、古いスナップショットの期限をユーザが定義する機能のサポート、パーシャルインデックスに対するインデックスのみのスキャンのサポートなどがある。

(後藤大地)