写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イオングループのコックスは10月7日〜16日、主要ブランド「ikka(イッカ)」「LBC(エルビーシー)」「VENCE EXCHANGE(ヴァンスエクスチェンジ)」で、「ピンクリボンキャンペーン2016」の支援商品を販売する。

コックスでは、環境・社会貢献活動のひとつとして2014年度より「ピンクリボン活動」に 取り組んでいる。今年は、これまでの「ikka」1ブランド参加から、主要ブランドすべてへと活動を拡大し、約230店舗で展開する。

支援商品は、すべて各ブランドのオリジナルアイテム。「ikka」は、「バックリボン畦(あぜ)プルオーバー」(3,800円)のほか、今年初めて小物の「ケーブル柄ポーチ」(900円)を販売する。秋冬にピッタリなケーブルニットソーのポーチは、活動にちなみ、裏地とファスナーリボンにピンクを取り入れた。

「LBC」は、「起毛レースカットプルオーバー」(3,800円)を販売。フラワー柄のレースとインナーの2枚重ね仕様で、やさしいレース使いが特徴とのこと。そのほか、長めの着丈でシンプルなデザインの「畦(あぜ)Vニットプルオーバー」(3,800円)も販売する。

「VENCE EXCHANGE」は、とろみ感のある素材で女性らしいシルエットの「後ろボタンスキッパーシャツ」(2,800円)を販売する。後ろボタンのディテールと前後差のある着丈で、後ろから見てもきれいなラインであるという。

支援商品は全国の約230店舗と各WEBストアで、10月7日〜10月16日まで販売。この支援商品の売上額の一部は、公益財団法人日本対がん協会の「乳がんをなくす ほほえみ基金」に寄附される。

※価格はすべて税別

(フォルサ)